ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > ビジネスニュース > 「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」4Gamerレビュー後編 ピーク190W、発熱かなり大きい すぐにi9-7900Xへ飛びつくのは得策ではない
■ 更新ヘッドライン

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」4Gamerレビュー後編 ピーク190W、発熱かなり大きい すぐにi9-7900Xへ飛びつくのは得策ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :trick ★:2017/07/14(金) 00:32:02.42 ID:CAP_USER.net

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー後編。基礎検証と消費電力&温度測定で新世代ハイエンドプラットフォームの特性を掘り下げる - 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/382/G038222/20170711043/
2017/07/14 00:00




消費電力

温度


 2017年7月14日に,新世代の「HEDT」(High-End Desktop)プラットフォーム用となるIntel製CPUシリーズ「Core X」の販売が始まる予定だ。
 4Gamerでは,「Skylake-X」コア採用の10コア20スレッド対応モデル「Core i9-7900X」(以下,i9-7900X)と,「Kaby Lake-X」コア採用の4コア8スレッド対応モデルである「Core i7-7740X」(以下,i7-7740X)について,ゲームをはじめとする一般アプリケーションにおける性能と消費電力評価をすでに行っているわけだが(関連記事),レビュー後編となる今回は,両製品の特性を少し掘り下げてみることにしよう。

(中略)

 お次は温度計測だが,CPU温度を測るにあたっては,「HWInfo64」(Version 5.52-3161)を利用することにした。ただし,HWInfo64に限らず,この手のソフトはサーマルダイオードの値を「CPUの温度」として拾ってくるので,Intel製CPUとAMD製CPUとでは得られるスコアが大きく変わってしまう。また,CPUの種別が異なる場合でも,同じ条件でサーマルダイオードの値を拾えているとは限らない。

 したがって,HWinfo64の測定値そのものを比較するのは危険で,ここでは「温度制御がない冷却システムでグラフが右肩上がりにならないかどうか」をチェックするに留める。グラフが右肩上がりなる場合は,ファン回転数を固定したMUGEN 5 Rev.Bで熱を処理できていないことを意味するからだ。

 ただ,それでは面白くないだろうということで,温度に関してはもう1つ補助的に,チノー製サーモグラフ「TP-U0260ET」でヒートシンク上空からサーモグラム(温度分布画像)を俯瞰撮影してみた。ヒートシンクの温度だけでなく,ヒートシンクの隣りにあるマザーボード上の電源部の温度をサーモグラムでチェックするわけである。

 というわけで,まずはHWinfo64のログをグラフ49にまとめておこう。繰り返すが,温度の絶対値はそれぞれのCPUで異なるので,CPU間の比較は絶対にしないでほしい。グラフは傾斜だけを見てもらいたい。
 それを踏まえてグラフを確認してみると,右肩上がりが顕著に出ているのは10コア20スレッドのCPU 2製品だということが分かる。とくにi9-7900Xでは終盤に温度の上昇が大きくなっているのが気になるところだ。13分でエンコードが終わっているからいいものの,このまま負荷がかかり続ければ温度はさらに上昇するはずで,CPUクーラーは相当に選びそうだ。



i9-7900Xのサーモグラム。エンコード開始前(左)と終了直後(右)


 目を引くのはやはりi9-7900Xで,電源部の温度がエンコード終了直後に41℃以上にまで上昇している。i7-6950Xの37℃台よりもさらに高い温度だ。
 41℃なら何ら問題はないと思うかもしれないが,相対的にi9-7900X搭載環境が最も高い温度になっているのは確かである。

 面白いのは,同じマザーボードに差していても,i7-7740Xだと,電源部の温度はむしろかなり低くなっているということだ。ピークで190Wに達し,コンスタントに140W程度の消費電力を持つCPUへ対応できるマザーボードにとって,100W以下の消費電力で推移するi7-7740Xなど,ほとんど負担にもならないということなのだろう。

 なお,Ryzen 7 1800Xも温度は低めで,むしろGeForce GTX 1080の発熱が目立つ程度に収まった。テストに用いたマザーボードの電源部が優秀なのかもしれない。

 というわけで,「ピーク190W」という言葉の響きほどではないにせよ,i9-7900Xの発熱,消費電力はかなり大きいと言える。長時間,負荷をかける場合に,空冷のシステムでは心許ないと思う人もいるだろう。
 また,消費電力の変動も大きいのも気になるところで,良質な電源部を持つマザーボードを使ったほうがよさそうだということも言える。電源部を“ケチっている”マザーボードを使うと,思わぬトラブルに泣かされるかもしれない。



8 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 01:20:33.14 ID:aVoA0TYd.net

俺の予想どおりIntelは熱でやらかしたwww



15 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 03:47:24.15 ID:iKaculUx.net

元はXeonでしょ





22 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 08:59:33.69 ID:F6NJ7HX8.net

比べ物にならないくらいあっちっち。



29 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 10:06:00.01 ID:UeAzJoCR.net

急にRyzenが来たから・・・



www



34 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 11:37:32.65 ID:kQTkxaJM.net

はい



36 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 12:59:50.62 ID:LFAYewkj.net

インテルの覇権も今後揺らぎそうだな



49 :名刺は切らしておりまして:2017/07/14(金) 19:21:06.70 ID:PJJZZMke.net

出た~TDPの意味理解してない奴~



62 :考える名無しさん:2017/07/15(土) 20:48:52.91 ID:pfU/1TAX.net

小さな差でも優劣を付けて見出しにしないと話題にならないからな
今までの競争や優劣と比べれば、今の言い合いは売るための強引なやらせでしょう
パーツのことなど気にしない大多数の一般人に向けてのアピールでしかない



69 :名刺は切らしておりまして:2017/07/16(日) 15:40:21.63 ID:/wUsi5B9.net

CPUはひたすらスイッチを動かしてるだけなのになんであんなに電気食うんだろう?と思わなくもない。
回路規模が想像を絶してるから皆目見当がつかない世界だものなぁ




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499959922/
関連記事





あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」4Gamerレビュー後編 ピーク190W、発熱かなり大きい すぐにi9-7900Xへ飛びつくのは得策ではない

■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »