ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > ビジネスニュース > トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ 日系メーカーは中国でシェア低下が続く
■ 更新ヘッドライン

トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ 日系メーカーは中国でシェア低下が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :まはる ★:2017/05/12(金) 22:41:43.70 ID:CAP_USER.net




安かろう悪かろう――。そんなイメージが付いて回る中国製品。自動車もその一つだった。しかし、そんな”常識”が変わりつつある。

「外資への出資規制を秩序立てて緩和する」。中国工業情報化省は4月25日、外資企業の自動車生産に関する規制緩和について初めて公式に言及し、業界に衝撃が走った。

中国で外資企業が自動車を生産するには、中国企業と合弁会社を設立しなければならないうえ、外資企業の出資比率が50%を超えてはならないという規制が設けられている。
そのため、トヨタ自動車は第一汽車や広州汽車と、独フォルクスワーゲン(VW)は上海汽車や第一汽車と、といった具合に、外資各社は中国企業と合弁生産を行っている。

中国政府は「2025年には複数の中国現地ブランドが世界の自動車メーカーのトップ10に入る」というシナリオを描いており、広州汽車もこの流れに乗って、海外進出を急いでいる。

中国の自動車市場は2016年、前年比14%増の2800万台と米国の1.6倍の世界最大市場に成長した。その中で、現地ブランドのシェアは年々高まっている。2016年の中国系のシェアは43.2%とこの3年で2.9%高まったのに対し、日系は15.5%と同0.9%シェアを落とした(乗用車販売ベース、マークラインズ調べ)。

さらに、日系勢は欧米勢との競争でも苦戦を強いられている。2016年の中国販売はホンダが129万台で、トヨタが121万台と、VWの398万台や米ゼネラル・モーターズ(GM)の387万台の半分にも達していない。

広州汽車の曽会長は日系のシェアが中国で低いことに関して、「VWの車種が豊富なのに対し、日系勢は中国での車種展開が保守的。中国人ニーズに合わせた車種を拡充すれば、シェアを巻き返せるだけの実力は持っている」との見解を語る。

中国自動車工業会は今後の販売台数について、2017年に前期比6%増の2965万台を、2020年までに3000万台超を計画している。日系メーカーにとっては、米国や国内市場が成熟期に入っている以上、膨張が続く中国市場で1%でもシェアを失うことは手痛いはずだ。

劣勢に立つ日系メーカーは、中国での軌道修正が求められそうだ。

※一部引用
http://toyokeizai.net/articles/-/171350



2 :名刺は切らしておりまして:2017/05/12(金) 22:46:24.69 ID:eXeDe7wG.net

中国人は安い方を買った
ミャンマーでは、貧乏人が新車の中国車を買い、金持ちは中古の日本車を買った
ロシアでは、ロシア人は、ロシアの工場で作った新車のトヨタ車を買わずに、日本車の中古を買った。
   ロシアの工場で作ったトヨタ車を買わない理由として ロシアではロシア人が作った車を信用していないからだそうだ。



4 :名刺は切らしておりまして:2017/05/12(金) 23:03:05.21 ID:w5sd1C8y.net

いつか通った道





6 :名刺は切らしておりまして:2017/05/12(金) 23:06:06.37 ID:YrIRHfuS.net

技術は需要がある所で伸びる



7 :名刺は切らしておりまして:2017/05/12(金) 23:20:29.23 ID:vjol0zyN.net

むしろ中国市場は諦めて、他で頑張るくらいの潔さが欲しい…



11 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 00:26:00.16 ID:rTnWuK2w.net

改正TPPにのってくれれば、こんな規制なくなるから

中国メーカーなんて5年でジェノサイドできるのにな



12 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 00:35:29.31 ID:XQSCGUT4.net

【大気汚染】まるで日本のようだ!中国でも「若者の車離れ」で危機感=中国報道 【資源枯渇】

 世界最大の自動車市場である中国では、2016年も日系車の好調な販売が続いているが、中国でも日本のような「若者の車離れ」が一部で始まり、中国自動車市場の先行きには不安が見え始めているという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人の若者が車を買わなくなっている」と伝え、中国の若者の考え方の変化が中国自動車市場に影響を与え始めているとの記事を掲載した。

 記事はまず、日本における若者の車離れを紹介。日本の場合は経済的余裕のない若者が増えたことのほかに、移動手段の多様性やレンタカー、カーシェアリングの普及、
駐車スペースの問題などが関係していると言われるが、中国でも同様の現象が起きつつあるという。

 中国における若者の車離れの例として、投資で大成功したという26歳の中国人男性は、「成功したら高級車を乗り回して見せびらかす」という従来の概念には倣わず、車を買わない主義だという。

彼にとって車は「交通手段」にすぎず、普段は公共交通機関を利用し、必要な時にレンタカーを利用すれば十分だという。
これは車の購入費や維持費の節約になるだけでなく、渋滞に巻き込まれないので「時間とエネルギー」を有効活用できると満足しているそうだ。

 こうした考えの若者はまだ少数ではあると記事も認めているが、すでに中国では自動車は富の象徴ではなくなりつつあると指摘、
自動車に対する消費概念の成熟、知識と経済レベルの向上に伴い、自動車購買意欲は減退していくだろうと予想した。

日に日に激しくなる渋滞や、利便性が向上する公共交通機関の存在を考えると、自動車購入を控える若者が存在するのはごく当然であり、中国も日本と同じ道を歩む可能性があると指摘した。

 結婚して子どもができると車を買う人が多いのは日本も中国も同じだが、記事は中国でも晩婚化で出産年齢が高くなっていると指摘。公共交通機関がさらに発展し、晩婚化がさらに進めば、

中国の自動車メーカーは若者世代の消費者層をまるまる失ってしまう危険性があり、失われる可能性のある金額は「天文学的な数字になる」と論じた。

 中国で事業を展開する自動車関連企業にとって、いかに自動車の魅力を伝え、若年層をつなぎとめられるかどうかが今後の課題になりそうだ。



14 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 01:07:40.53 ID:l99rPhug.net

戦後日本は自動車産業創世紀に真似をしていないでしょうね



17 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 02:13:18.38 ID:DbUmpBeF.net

中国メーカーのエンジンは三菱自動車製じゃないかよw
エンジンくらい自社生産はやくできるようになれよw



20 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 02:47:02.92 ID:UW2KXtI/.net

ガワだけしか買えなくなってきてるんだろ?



27 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 04:09:38.88 ID:GnvM3WXq.net

パクりの盗用多を更にパクるのか



28 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 04:09:52.00 ID:/czBUNZ0.net

日本は、維持費が大変で、 軽自動車しか売れないからなぁ(´・ω・`)



49 :名刺は切らしておりまして:2017/05/13(土) 11:57:55.94 ID:Imrms3pz.net

「インドのタタが作ったナノだが、じっさいひどいクルマだった。
乗ってみると、セーフティなんてことはまったく考えられてないし、
衝突すればどういう風にツブれるか、その時のことを考えると恐ろしさえ覚える。

その証拠にインド本国では車輌火災トラブルが頻発しているという。じっさいに試乗したナノは
トラブルによってギアがバックに入らず、バックしたい時は降りて押すことになった。」 w

               三本和彦(自動車ジャーナリスト)



59 :名刺は切らしておりまして:2017/05/14(日) 03:33:35.52 ID:WylmZa9+.net

猿真似日本が懐かしい



65 :名刺は切らしておりまして:2017/05/14(日) 10:56:32.55 ID:iMAbTJ96.net

広島ベンツとか日本も散々やってきたし




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494596503/
関連記事





あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ 日系メーカーは中国でシェア低下が続く

■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »