ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > ビジネスニュース > 電子書籍市場に異変、米国に続いて欧州でも販売部数が減少 紙書籍に回帰の動きが強まる
■ 更新ヘッドライン

電子書籍市場に異変、米国に続いて欧州でも販売部数が減少 紙書籍に回帰の動きが強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :海江田三郎 ★:2017/03/16(木) 18:16:54.67 ID:CAP_USER.net

http://businessnewsline.com/news/201703160315580000.html

欧米の書籍販売市場で、電子書籍の販売部数が減少する傾向が顕在化してきている。
業者の間では、印刷媒体よりも手軽でスペースも取らない次世代の媒体として電子書籍を進める動きが強まると同時に、
一部の消費者の間でも「自炊」と称して、既に購入した印刷媒体をスキャナーで読み込み、電子化する動きも広がっていたが、
現状の電子書籍の販売部数減が今後も続いた場合、業者や消費者の間で生じていた電子書籍を推す動きは一過的なブームで終わる可能性も生じている。

Nielsenの調査に基づくtheguardian.comの記事によると、イギリスで2016年に販売された
書籍数は前年比2%増の3億6000万部となったのにも関わらず、電子書籍の販売高は、同4%減となり、2年連続での売上減となったとしている。

この傾向は米国でも同様に顕在化してきており、現時点ではまだ2016年の売上高の詳細については判っていないが
fortune.comの記事によると、2015年の米国における電子書籍の販売高は前年比11%の大幅減となったとしている。
電子書籍の販売不振の原因は、消費者が電子書籍の形態を好まず、書籍は印刷媒体で読みたいする欲求が強いことが原因とも見られている。

電子書籍の場合、印刷媒体の書籍のように、借りたり、読み終わったものを古本として売却することも困難で、
電子書籍という形式で得られる利点以上に、利便性の欠点も生じることなども、電子書籍が敬遠される要因となっているものとも見られている。

電子書籍ブームが一過的なものに終わる可能性が生じて生きている中で、これまで電子書籍を強く押し出してきたAmazonは、
書籍販売の実店舗を全米に各地の主要都市に設置する動きを強めてきている。
このAmazonの実販売店舗網構築の動きこそが、印刷媒体の書籍復権の大きな証拠となるのかもしれない。



15 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 18:32:24.20 ID:WMo8dHxk.net

最近電子書籍初めて買ったけど
XP使いなんだけど読むためのソフトがサポートしてなくて
結局読めなかかった
さらに調べたら電子書籍の所有権は買った人になくて売った会社にあって
その会社が潰れたら電子書籍も読めなくなる可能性がある

パソコンやスマホやタブレットをずっと新しい物にモデルチェンジしなきゃ読めなくなる
代物なんて俺は買う気にならない



19 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 18:37:59.79 ID:IAvZPjvR.net

消費者が価格に納得してないってだけだと思うわ





23 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 18:41:42.01 ID:hVD/cO7O.net

紙だと読んだあと、売れるからな
印刷もしない、販売する店舗も人件費もかからんのだから
いい加減、安くしないと
流行りもの好きが飽きたら、そりゃ売れなくなるだろ



35 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 18:57:22.58 ID:r0xd22lt.net

ハリーポッター最近読んでで実感したけど
軽いのはいいよ



39 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:05:26.70 ID:4/KVyeq2.net

紙から電子書籍への移行期に一時期停滞する事だってあるんじゃね
基本的のこの流れは変わらんと思うが



50 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:14:04.60 ID:fejgJoSf.net

電子書籍だらけになると、ブックオフはつぶれる(今でも潰れそうだが)



57 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:30:48.74 ID:/3WKxT3N.net

わしは自炊。
海外生活長いしまた来年からアッフリカ!だもの。
紙でいちいち持って行けんわ。



63 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:37:14.66 ID:AU0UQz7Z.net

そもそも敵対するものではない
俺は紙の本も電子版もそれぞれ大好きだ
使い分ければいいだけ



66 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:40:32.83 ID:alzjgomf.net

電子書籍は寝る前にベッドの中で読むと目が冴えちゃうよな
これ大きな欠点だよなあ
紙なら逆に眠くなるのに



71 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 19:51:27.21 ID:s/xRHEAK.net

一人何冊買ってるかは知らんが
文学全集みたいなのを揃えたならそこでいきなり頭打ちじゃん

雑誌はどうやっても厳しいから
オマケ付きのディアゴスティーニは勝利するかもな



98 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 20:37:23.70 ID:J6mzzyQ8.net

マーケットプライスなら紙の本の方が安いからなw



108 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 20:55:28.97 ID:4BF1Iz2d.net

紙に書かれた情報は映像として記憶しやすい
しかしデジタル情報は映像力が弱いので、すぐ忘れる

あと紙はパラパタめくって検索できるけど
デジタルはそうはいかない



111 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 21:00:11.67 ID:CeFMfUup.net

文字を大きくしたら一つの画面に表示される文字数が少なくなって
画面をスクロールするのが面倒だろ。
スマホと別にタブレットをわざわざ買うのもなあ。



137 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 21:39:14.38 ID:eYHB7d3o.net

雑誌はまだいいけど、
ちゃんとした内容の本は読みづらいし、
なにより風呂に持って入れない。



139 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 21:40:45.33 ID:eYHB7d3o.net

あと重要なこと書くの忘れた。

電子書籍は目が疲れるし悪くなる。



147 :名刺は切らしておりまして:2017/03/16(木) 21:57:30.59 ID:D0RKIbTp.net

いや、意地でもKindleでださない出版社やらシリーズやら大杉



171 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 06:04:31.25 ID:VQfLAIl+.net

紙の方が管理が便利だと思う
アカウント、パスワード、通信費、サービス停止etcがない



176 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 06:27:40.28 ID:4YkEgSzV.net

そうなんだ 最近アマゾンだキンドルだって聞くから加速してく感じなのかと思ってたねえ



183 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 07:39:57.04 ID:b9RRlQPj.net

目が疲れそう



184 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 07:45:04.55 ID:VulKYY3W.net

俺は家に本を置くスペースがないから電子書籍買ってる
主にバーゲンの時なw



191 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 08:20:15.24 ID:ic39F0db.net

本データを全世界共有で持つような仕組みがないと無理だら



202 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 09:49:02.93 ID:o36LX9j0.net

紙のメリットもわかるけどタブレットひとつで数千冊持ち歩ける電子のメリットは大きいよ



205 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 10:07:33.52 ID:9KDU7f/i.net

買ってもすぐサービスする企業が
いっぱいいるからなぁ



207 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 10:26:36.04 ID:fZs/o3/u.net

政治行政首都はハーグ
経済都市はアムステルダム
と分けて成長させたオランダ

アムステルダムの雇用のうち、スタートアップ関連産業は全体の41 %とすさまじいベンチャー起業率

ベンチャー起業家への国や街の支援や、ベンチャーの手続きの簡易さ
国がフィンテック関連の学校を作ったりと、ベンチャー起業の大切さを熟知してる

日本もやろうよ、まずはシンガポールから、ベンチャー起業家から外資から全てを奪い返そう
カジノの時期に合わせて



210 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 10:35:56.85 ID:nb8TqXlJ.net

電子書籍も含めた書籍全体の販売が低迷してるんだろう
どこの先進国も格差が絶賛拡大中で庶民はカネを持ってないんだから
書籍に限らず庶民を相手にしたありとあらゆる商売は今後厳しくなるだろう



229 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 14:53:53.36 ID:lOCkYq5Y.net

電子はセールで安く買えるぞ
値段云々言う奴はまともに使ったこと無いだろ



232 :名刺は切らしておりまして:2017/03/17(金) 16:30:53.93 ID:Q6XYav5x.net

紙が好き



248 :名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 10:21:56.62 ID:4iOY7ZSR.net

出版社にやる気がないからな
仕方ない



268 :名刺は切らしておりまして:2017/03/20(月) 21:22:24.23 ID:C6WoB4sm.net

あげ



272 :名刺は切らしておりまして:2017/03/20(月) 23:13:09.18 ID:qHQs74Fw.net

自由にやらせると安すぎて紙の本を駆逐しちゃうからな
出版社が利権で押さえつけて価格をさげさないんだよ



299 :名刺は切らしておりまして:2017/03/25(土) 17:20:24.84 ID:3bWHzDyi.net

電子書籍を押してるのは下らん本しか読まないガイジだけ



310 :名刺は切らしておりまして:2017/03/27(月) 19:46:39.64 ID:fdNugSSa.net

将来も紙書籍が売れるかどうかってのは、CDが今後も売れるかどうかって問題と等しい

CDどころかレコード買うような物好きが居るのは否定しないが、
電子書籍は今はサービスから端末からコンテンツまで強化蓄積してる段階だから、将来的には今よりも手強い相手になるよ
過去の絶版書籍とかも電子書籍で出してるし、一度でも出したら、よほどのことがない限りは残り続けるしね
業界の対応次第では最悪、違法ベースで過去のコンテンツが流通し続けるだろう



319 :名刺は切らしておりまして:2017/03/28(火) 20:01:38.39 ID:Y8MBAFS1.net

適正価格勘違いしてる奴が多すぎないか?
そもそも紙の本と対して変わらんだろ



322 :名刺は切らしておりまして:2017/03/29(水) 00:18:12.21 ID:Nj8pho81.net

実際、電子書籍は目が疲れるだろ。
本を読むのとはあきらかにちがう。
スマホやPC?
ネットやるのと本を長時間じっくり読むのはちがうだろ。



329 :名刺は切らしておりまして:2017/03/30(木) 13:26:18.30 ID:oOo/dulr.net

中古市場はどうなんだろ?



332 :名刺は切らしておりまして:2017/03/30(木) 19:01:07.00 ID:oOo/dulr.net

つーことは紙の書籍は変わらず
電子書籍は売上を上げ
中古市場は売上を下げているって結論か?

なんだ、いい感じじゃん



345 :名刺は切らしておりまして:2017/03/31(金) 11:10:09.47 ID:OkVypyeh.net

電子書籍は自ら読むのでは無くSiriに読んでもらいたい



354 :名刺は切らしておりまして:2017/03/31(金) 16:41:19.91 ID:TJ1O/l49.net

だからそのコストが電子書籍とそれらで変わらないと言い出した根拠を出してくれと言ってるんだが?
そもそも、元々の話では電子書籍サイトの取り分も多くなるというだけ話で変わらないなんて話ではなかっただろ

要するに、単なる妄想で何にも根拠は無かったという事だよな



356 :名刺は切らしておりまして:2017/03/31(金) 19:29:30.69 ID:CEwvzb1g.net

ってか電子書籍は安いだろ
ひょっとして買ったこともないのに思い込みで全部言ってんの?
俺は現状を知ってる前提で高くないって言ってんだけど…



357 :名刺は切らしておりまして:2017/04/01(土) 08:51:27.96 ID:bcWryMNL.net

日本で電子書籍元年延長し続けている間に欧米でブームが終わってしまったよwww




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489655814/
関連記事





あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 電子書籍市場に異変、米国に続いて欧州でも販売部数が減少 紙書籍に回帰の動きが強まる

■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »