ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > マスコミ
■ 更新ヘッドライン

朝日新聞「アサヒコム」終了、来年初めに「有料版」に一本化有力 (J-CASTニュース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/22(木) 11:19:35.31 ID:???
ソースは
http://www.j-cast.com/2011/12/20117056.html?p=all

[1/2]
新聞大手が有料の「電子版」創刊に踏み切る中、課題として浮上しているのが、
無料で記事を掲載してきた既存のニュースサイトとの住み分けだ。
日本経済新聞は早々と無料サイトを閉鎖して有料版に一本化したが、関係者によると、
朝日新聞も2012年初めに追随する可能性が高いという。
有料会員が伸び悩んでいるのが、その原因だ。

日経は2010年3月の電子版創刊と同時に、無料サイト「日経ネット」を閉鎖している。
日経ネットは紙媒体に掲載されている記事の約3割しか掲載されていなかったが、
月に4000円払って電子版の有料会員になると(紙媒体と併読しない場合)紙媒体に
掲載されている全記事を読めるようになった。
逆に、無料で登録できる会員は、機能の一部しか使えない。

■日経電子版は有料・無料合わせた会員数が120万人突破
これは、同社の
「『良質なコンテンツはタダじゃない』というのが我々の考え方。
『ネット上の情報は無料』というこれまでの観念とは違う考え方で取り組んでいきたい」
(喜多恒雄社長)
という考え方を反映させたもの。
当時、日経ネットの広告収入が伸び悩んでいたこともあって、
「無料版の広告収入を捨ててでも、有料版に誘導する」という決断に踏み切った。
その結果、日経電子版は、11年12月19日時点で有料・無料合わせた会員数が120万人を
突破し、有料会員数も17万に達している。10年2月の創刊発表会見で、
「早期に50万ID(有料・無料合わせた会員数)を達成し、早めに100万台に乗せたい」
という目標を掲げていたことからすると、ある程度の成功を収めていると言える。

これと対照的なのが11年5月に創刊された有料版の「朝日新聞デジタル」だ。
料金体系は日経と同様だが、無料サイトの「アサヒコム」を存続させたのだ。
朝日新聞社の広告局が公表している媒体資料によると、11年7月時点でのアサヒコムの
ページ閲覧数は月間5億6000万ページビューで、ユニークブラウザ数は月間約2200万に
のぼる。広告収入額は公表されていないが、年間十数億円にのぼるとみられている。
この広告収入を捨てきれなかったことが、無料サイト存続の理由だとされる。

-続きます-

2 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/22(木) 11:19:40.81 ID:???
-続きです-
[2/2]
■読売と毎日、中日12年春にも電子版創刊
朝日新聞社は11年10月31日、有料版の購読申込者数が5万人を突破したと発表している。
だが、最大2か月無料で購読できるキャンペーンを行ったこともあり、その後
は有料会員数が伸び悩んでいるのは明らか。無料サイトが有料版の足を引っ張っている
可能性もある。

朝日新聞広報部によると、有料会員数は公表されていないが、紙媒体と併読する
「ダブルコース」が8割以上だという。
「紙媒体の購読をやめて、電子版だけ購読する」というパターンは、あまり多くないようだ。

アサヒコムの記事の中には、リード文だけを掲載して
「続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます」というリンクを設置し、
有料版に誘導する試みも行われている。
この試みが奏功しているかは不明だ。
12年早々にも、アサヒコムが廃止されて有料版に一本化されるとの見方も有力だが、
朝日新聞社では「経営戦略についてはお答えしていません」と、コメントを避けている。

全国紙では、読売新聞と毎日新聞が、ブロック紙では中日新聞がそれぞれ12年春にも
電子版の創刊に踏み切るとみられ、今後、無料で読める記事は大きく減少する可能性も
ある。

-以上です-


4 :ばかチョン:2011/12/22(木) 11:22:14.73 ID:tdEVc5AH
ついに、朝日も倒産か。

新聞は10年後消滅するらしいね。

TVもなくなるらしいし。


3 :名刺は切らしておりまして:2011/12/22(木) 11:21:48.89 ID:jhP7A3Ml
>>4
の正体は→<丶`∀´>



山形新聞が夕刊「休刊」 8月から朝刊に統合「存在意義薄れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/06/27(月) 11:31:32.55 ID:???
山形新聞社は27日付朝刊に社告を掲載、
夕刊は7月30日付を最後に「休刊」とし、8月1日付から朝刊に統合する
と発表した。月決め購読料は、従来の3300円に据え置く。

社告は「メディアを取り巻く環境やライフスタイルの変化などで
夕刊の存在意義は薄れたと判断しました」と説明。
東日本大震災を受け「節電への取り組み」も背景としている。

朝刊は従来の夕刊のページ数を加えて増ページとし、解説、評論の強化や
文字拡大、週1回の子ども向け新聞の創刊などで、紙面を刷新する。

山形新聞の発行部数は朝夕刊セットで20万部余り。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110627/trd11062710060012-n1.htm
山形新聞 http://yamagata-np.jp/


3 :名刺は切らしておりまして:2011/06/27(月) 11:36:50.80 ID:wxExZGLq
まあ、昔から夕刊の存在意義の大半は詳しいテレビ欄だしな。
ただでさえ需要が減っているのに、更にデジタル化でテレビ欄TVに写ると
なれば、そりゃ需要も減るだろ。



4 :名刺は切らしておりまして:2011/06/27(月) 11:37:44.98 ID:i654Ou3k
購読料据え置きはねーだろ


産経が読売に宣戦布告か、新聞大会で対立が表面化

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/11/09(火) 10:47:53 ID:???
ソースは
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/0225a10a2d858d73b5cb8163d322821e/page/2/

年に一度行われる「新聞大会」。
新聞協会賞の授賞式などが行われる業界最大のイベントだ。
大会のホスト役は各開催地の有力紙が務めるのが常だが、今年は大手紙が集う東京で開催。
そこで10月15日に都内のホテルで開かれた大会では、日本新聞協会会長でもある
読売新聞グループ本社の内山斉社長がホスト役を務めた。

この年一度の晴れ舞台で業界首脳の話題をさらう“事件”があった。
開催前の10月14日に全国の大手新聞社十数紙の社長を招いて内々に行われる内山社長主催の
祝宴に対し、産経新聞社の住田良能社長だけ欠席の返事をしたのだ。

前日の祝宴には、招かれた社長は何はさておき出席するのが慣例。
なぜ欠席なのか。産経新聞の担当者は「住田個人の日程が合わなかっただけ。代理欠席は
認められないのでやむをえず欠席の返事をした」と説明する。が、この説明は額面どおりには
受け止められないようで、「産経から読売に対する宣戦布告」との臆測が走った。

それも仕方がない。両社は紙面こそ保守的な論調で似通った点があるものの、経営面では
真逆の立場にあり、対立する局面が多いからだ。

財務面で強みを持つ読売新聞は現在、徹底して紙の新聞を重視する策を取っており、
朝刊部数1000万部という部数維持に力を注いでいる。4月に定めた3カ年計画の
重点6項目には、「新聞の価値を高める紙面作り」「宅配網の維持・強化」などを掲げ、
デジタル戦略についての具体的な記述はない。

一方、産経新聞の朝刊部数は2008年の220万部台から今では160万部まで減少。
赤字体質脱却のため、無理な営業費を掛けた部数維持を取りやめたためだ。
同時にデジタル事業を強化。米アップルの「アイフォーン」向けに破格のゼロ円で全新聞紙面を
提供するなど、短期的な収益を度外視し、積極的にデジタル版の読者を獲得する動きを加速
させている。

「産経がデジタル版を安売りする動きを、読売は事あるごとに牽制している。アイパッド向けの
産経新聞が月額1500円という“高値”になった背景には、読売からの圧力があったとも
いわれている」(業界関係者)。トップ同士の感情的なしこりは大きいようで、両社の対立は
そう簡単に収束しそうにない。
(週刊東洋経済2010年10月23日号)

-以上です-

2 :名刺は切らしておりまして:2010/11/09(火) 10:50:50 ID:f1WkiBrE
産経は時事新報に改題したほうがいいだろ
産経など一般氏の題号ではない


5 :名刺は切らしておりまして:2010/11/09(火) 10:55:25 ID:/Yucu5AZ
2ちゃんではかなり産経の記事ばっかり取り上げられてるけど
おまえらは全然取ってあげないんだよなwww


50 :名刺は切らしておりまして:2010/11/09(火) 11:23:40 ID:l1alx1Sl
>>5
メディアリテラシーと言いながら産経の記事ばかりだからなぁ…
もうちょっとバランス良くならんもんかなぁ。


65 :名刺は切らしておりまして:2010/11/09(火) 11:51:08 ID:As0BsniS
>>50

え?2Chのニュー速って産経の広告じゃないの?


226 :名刺は切らしておりまして:2010/11/21(日) 17:04:12 ID:FHxzO8T9
>>5

古新聞がゴミになって家の中にちらかるから


朝日新聞社「希望退職」に記者が大量応募

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/10/11(月) 11:22:57 ID:???
 新聞・雑誌の実売部数を調査する日本ABC協会の、いわゆる「ABC調査」で、『読売
新聞』が一千万部を維持している一方で、『朝日新聞』が朝刊で八百万部を割ったことが、
六月末の調査で明らかになった。かねて、朝日新聞社の秋山耿太郎社長は「八百万部は絶対
に維持しなくてはならない」と明言していただけに、八百万部割れは、同社にとってショッ
キングな結果だった。
 
 朝日新聞社は二期連続の営業赤字に転落しているが、今期に入っても広告売上は相変わら
ず低迷。その上、販売売上も減少していることから、来年三月期決算も、三期連続の営業赤字
になる可能性が高い。
 
 そこで、こうした苦境を乗り切ろうと、同社では、六月から同社の「転進支援制度」に基づ
き、社員の早期退職を募集した。期限は九月三十日で、四十五歳以上が対象。同制度は、定年
の六十歳まで勤続すれば得られる収入の半分を、退職金に上乗せすることが特徴。たとえば、
現在五十歳で年収が一千五百万円の人が今回の早期退職に応じた場合、定年までの十年間分の
収入である一億五千万円の半分の七千五百万円が通常の退職金(約二千万円)に上乗せされるため、合計九千五百万円になる計算だ。
 
 このように、有利な制度であることから、七十名ほどが応募した模様だ。内訳は、編集所属
が四十人前後で、残りが広告や販売。大阪の編集のナンバー2とされた記者も含まれている、
といわれている。編集部門からの大量応募は予想外だったようで、人事部門は記者の穴埋めに
慌てているようだ。
 
 会社側は十一月頃を目途に「転進支援制度」の第二次募集をかけ、来年三月末までに三十名
程度を追加募集。一次と二次を合わせて百名規模の人員削減を目指す方針だ。広告、販売とも
にじり貧の中では、人員削減等の社内合理化を進めるしかなく、「社員の士気は落ちる一方」
と、ある同社社員は嘆いている。
 
リベラルタイム11月号「confidential」

ソース

4 :名刺は切らしておりまして:2010/10/11(月) 11:26:06 ID:xasMJLBv
読売がそんなに?


9 :名刺は切らしておりまして:2010/10/11(月) 11:28:02 ID:4dzcfspy
捏造・歪曲・隠蔽・偏向報道を止めるだけで一気に挽回できるのに、なぜやらない?



日経を丸ごと読める「Web刊」を創刊、単体月額4000円で 「良質な情報はタダではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : おっおっおっφ ★
 日本経済新聞社は2月24日、無料・有料コンテンツを組み合わせた本格的なネット新聞「日本経済新聞 電子版」
(愛称:Web刊)を3月23日に創刊すると発表した。1日から購読申込みを受け付ける。【岡田有花】

 「NIKKEI NET」をリニューアルする形で、一部の記事を無料で提供。有料会員になると、日経本紙に掲載される
全記事を丸ごと読める。携帯電話からのアクセスや、設定したキーワードに関するニュースの自動ピックアップ、
記事クリッピングなども有料会員向け機能として提供する。

 料金は、本紙(全日版3518円、朝・夕刊セット4383円)を購読していればプラス月額1000円、Web版だけなら月額4000円。

 喜多恒雄社長は「紙の新聞の部数に影響を与えないことを前提にした価格設定」と説明している。

●「無料非会員」「無料会員」「有料」の3段階

 Web刊は、(1)非会員も無料で利用できる部分、(2)無料の会員登録をすれば利用できる部分、(3)有料登録者
のみ利用できる部分――で構成する3階建てのサービスだ。

 サイトでは、日経本紙の記事すべてと、Web刊独自記事、日経BPなどグループ各社による専門記事や動画ニュース、
英Financial Timesの翻訳記事などを随時更新。非会員は、一部記事を無料で閲覧できるほか、有料会員向け記事の
見出しやリード部分を読める。メールアドレスや氏名などを登録して無料会員になれば、有料会員限定記事も月20本まで読める。

 有料会員は全記事を閲覧できる。朝夕刊に載った記事は通常のWeb記事同様、横書きで読めるほか、各記事が
本紙のどこに載っているか確認できる機能や、新聞のレイアウトそのままに読めるなど機能を提供する。

 有料会員限定のパーソナライズサービス「My日経」も用意した。読んだ記事の履歴からおすすめ記事を表示したり、
記事をクリッピングしたり、登録キーワードに関連する記事を自動収集するといった機能が使える。携帯電話向け
サイトも、有料会員限定で提供する。

 過去記事の検索機能も。無料会員なら過去6カ月分の記事検索と見出し表示が可能。有料会員なら過去5年分の
記事を検索でき、月25本まで本文も表示できる。

 専用iPhoneアプリなどは用意せず、スマートフォンで使いたい場合は当面はWebブラウザから閲覧してほしいと
しているが、「オープン」を基本理念にしており、対応プラットフォームの拡充も進める。ユーザーニーズに応じて
機能を追加していく方針。要望があれば、課金や購読の仕組みをほかの新聞社にも提供したいという。


ソース:ITmedia [10/02/24]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/24/news073.html


«  | HOME |  »