ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > PC
■ 更新ヘッドライン

4月のパソコン出荷、30%減…減少率最大に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/05/23(木) 11:49:08.18 ID:???
電子情報技術産業協会が22日発表した4月のパソコンの国内出荷台数は、
前年同月比30・8%減の64万9000台となった。

2007年4月に統計調査を始めて以来、単月として最大の減少率で、
6か月連続の前年実績割れとなる。
価格の安いタブレット型端末やスマートフォン(高機能携帯電話)を
買い求める消費者が増えているためとみられる。

ノートパソコンが34・9%減の46万2000台、
デスクトップパソコンが18・2%減の18万8000台だった。
前年に販売が好調だった法人向けが一転して減速したほか、
個人向けの新商品発売が5月にずれ込んだことなども影響した模様だ。

東芝や富士通など国内メーカーは国内で販売するパソコンを海外生産している。
円安の影響で販売価格の値上げを計画しており、出荷台数は今後も低迷が続く
可能性がある。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130522-OYT1T01262.htm?from=ylist
■電子情報技術産業協会 http://www.jeita.or.jp/
 2013/05/23 パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年4月分)
 http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2013/

4 :名刺は切らしておりまして:2013/05/23(木) 11:55:53.84 ID:3VnqzC/8
スマホとテレビのPC化って事か


7 :名刺は切らしておりまして:2013/05/23(木) 11:57:17.54 ID:NXFLX1QT
30%減はすごいな


ノートPCも高画質の時代へ 世界の亀山工場から--シャープ、ノートPC向けIGZO液晶パネルを生産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2013/05/19(日) 16:56:14.26 ID:???
今年の冒頭に開催された世界の名だたる電化製品見本市では、昨年までの3Dテレビは
なりをひそめ、4K画質の液晶テレビを紹介するメーカーが軒を連ねた。しかし、高画質化
への動きは、何も液晶テレビだけに限った話ではない。

PC業界にもまた、同じように高画質の波が押し寄せようとしている。

今や、テレビではなく、PCの画面でフルHDのストリーミング放送やブルーレイの映像を
楽しむ時代だ。マニアでなくとも、より高画質、高精細のディスプレイを一般ユーザーが
求めるのも当然の流れといえる。とくに昨年秋頃くらいから、WQHDのディスプレイが
注目されている。WQHDとは、ディスプレイ画面の表示画素数をあらわす呼称で、HD解像度
(1280×720)の4倍となる。

これまで、WQHDのディスプレイといえば、安くても10万、20万円は当たり前。一般の
ユーザーには敷居の高いものだった。

ところが昨年末から、10万円を切るモデルが、各メーカーから続々と提供されているのだ。
たとえば、米アップルのApple Thunderbolt Display MC914J/A(27インチ)は実売価格
8万円前後と、アップルのモニタとしては安い部類になっている。また、株式会社アイ・オー
・データ機器のLCD-MF271CGBRは実売45,000円?50,000円程度、おなじみのDELLも
同じく27インチDELL U2713HMを49,980円という価格で提供している。

そんな中、シャープは5月14日、業界最高水準の画素密度となるノートPC向けIGZO液晶
パネル3タイプの生産を亀山第2工場で6月から開始すると発表した。

今回生産が発表されたのは、15.6インチ/3200×1800ピクセル(WQHD+、235ppi)、
14インチ/3200×1800ピクセル(262ppi)、11.6インチ/2560×1440ピクセル(WQHD、
253ppi)の3タイプとなる。IGZOは、シャープが世界で初めて量産化に成功した、透明な
人工酸化物半導体。

液晶パネルなどには通常、非晶質半導体のアモルファスシリコンが広く応用されているが、
IGZOはそれに比べて20〜50倍で電流を流すことができるのが特徴。その電子移動度の
高さによって、同じ透過率のものと比較して、約2倍の高精細化を実現している。

しかし、ノートPCユーザーにとって、気になるのは消費電力だ。画質のクオリティが上がれば、
それだけ電力消費も大きくなるに違いないと思ってしまうだろう。

ところが、IGZOの最大の強みは、高精細ながら、圧倒的な低消費電力にある。ディスプレイ
消費電力を5分の1から最大10分の1にまで軽減することに成功しており、モバイルシーン
の多いノートPCの長時間駆動には最適だといえる。

◎シャープ(6753)--ノートPC向けIGZO 2液晶パネル 3タイプを生産開始
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130514-f.html

http://economic.jp/?p=19341

2 :名刺は切らしておりまして:2013/05/19(日) 16:57:26.93 ID:H09WQZpC
そして、来年はまた3Dです


61 :名刺は切らしておりまして:2013/05/19(日) 22:03:50.76 ID:OIzTywY7
>>2

3Dってまだあるの?テレビとか


4 :名刺は切らしておりまして:2013/05/19(日) 17:05:02.84 ID:nvYZvRGi
PCも携帯も飽和状態じゃん


コードネーム「Windows Blue」、無料アップデートで年内提供 正式名称は「Windows 8.1」に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :焙煎特派員φ ★:2013/05/15(水) 23:05:58.75 ID:???
 Windows Blueという開発コード名で呼ばれてきたWindows 8の次期アップデートは「Windows 8.1」という正式名称で無料提供される。
 JP Morgan Technology, Media & Telecom Conferenceにおいて
 14日(米国時間)に、米MicrosoftのWindows担当チーフマーケティングオフィサー兼チーフファイナンシャルオフィサーであるTami Reller氏が明かした。

 Windows 8.1アップデートは、Windows 8ユーザーに対してWindows Storeを通じて提供される。
 JP MorganのカンファレンスにおいてReller氏は、
 Windows 8.1が次世代のPCやタブレットをOEMパートナーが提供するための基盤になるとしながら
 同時に、Windows 8では継続的なアップデート(Windows Storeのアプリアップデート、Windows Updateなど)を通じて
 常に最高の体験をユーザーにもたらすように努めており、Windows 8.1もまた、その一環であると強調した。

 MicrosoftはWindows 8.1アップデートの年内リリースを目指して開発を進めており、
 来月に米サンフランシスコ(6月26日-28日)で開催する開発者カンファレンス「BUILD 2013」 で詳細を説明し、
 6月26日にパブリックプレビューをリリースする計画だ。
 Brandon LeBlanc氏 (コミュニケーションマネージャー)によると、Windows 8.1のプレビューはWindows 8だけではなく、Windows RT向けにも提供される。


 マイナビニュース 5月15日(水)3時10分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130515-00000002-mycomj-sci

2 :名刺は切らしておりまして:2013/05/15(水) 23:07:56.44 ID:KPFD/44D
サービスパックとちゃうんかい?


3 :名刺は切らしておりまして:2013/05/15(水) 23:07:57.66 ID:elgGRKX0
なんじゃそりゃ


8とはなんだったのか


東芝、MacBook Pro Retinaに迫る超高精細ディスプレイ搭載ノートパソコン、dynabook KIRAを発売 13.3型で2560×1440表示

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :焙煎特派員φ ★:2013/04/21(日) 20:50:15.31 ID:???
 東芝は4月18日、個人向けPCの新シリーズ「dynabook KIRA V832」を発表した。
 2013年4月24日に発売する。想定実売価格は17万円前後だ。

 本機種は2013年3月に発売した「dynabook V632」の上位モデルで、液晶ディスプレイの仕様を大きく強化している。
 サイズは13.3型ワイドと一緒だが、解像度がフルHDを超える2560×1440ドットとなり、
 221ppi(pixel per inch:1インチあたりのピクセル数)という「13インチMacBook Pro Retina」(2560×1600ドット/227ppi)に迫る画素密度を実現した。

 dynabook V632と同じく工場出荷時にディスプレイのカラーキャリブレーションを行うほか、同社の超解像・映像補正技術「Resolution+」により写真・被写体本来の質感を再現し、より鮮明な表示を可能とする。
 また、Windows 8の操作が快適に行えるよう10点マルチタッチ対応のタッチパネルを内蔵した。

 デザインや主なスペックはdynabook V632とほぼ共通だが、タッチパネルを内蔵したことで、ボディの厚さと重量はやや増えた。本体サイズは316(幅)×207(奥行き)×9.5〜19.8(厚さ)ミリ、重量は約1.35キロだ。

 店頭モデルはV832/28HSの1機種のみ。
 主なスペックはCPUがCore i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)で、メモリの容量は8Gバイト(PC3-12800)、ストレージは128GバイトSSD、光学ドライブは非搭載、グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 4000となる。
 インタフェースはUSB 3.0×3、HDMI出力、SDXCメモリーカード/MMC対応メディアカードスロット、92万画素のWebカメラを備えた。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetoothを利用可能だ。

 本体底面にはハーマン・インターナショナルと共同開発したharman/kardonスピーカーを実装した。消えてしまいがちな低音域を補正し、
 イコライザやサラウンド補正などの設定が行えるソフトウェア「dts Studio Sound」も用意する。

 OSは64ビット版Windows 8だ。ソフトウェアはOffice Home and Business 2013、Adobe Photoshop Elements 11、Adobe Premiere Elements 11、RZスイート express(DTCP-IP対応DLNAクライアント)をプリインストール。
 なお、バッテリー動作時間はdynabook V632よりも短い約9.5時間となる。

 http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1304/18/news061.html

 直販サイト「東芝ダイレクト」では、店頭モデルのモニター販売を実施中。
 入札下限140,700円、入札上限159,800円の条件で、入札額の上から70名が当選し、販売価格は70番目の人が指定した下限の価格になる。応募締切は4月21日23時59分。

 東芝ダイレクトでは、上位構成のWebオリジナルモデルの受注を開始した。
 店頭モデルからCPUをCore i7-3537U(2GHz、ビデオ機能内蔵)、SSDを256GB、OSをWindows 8 Pro 64bitに強化し、Officeの有無を選択できる。直販価格は172,800円から。

 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130418_596418.html

 モニター販売 募集要項 | 東芝ダイレクト
 http://toshibadirect.jp/c/cmonitor/

8 :名刺は切らしておりまして:2013/04/21(日) 21:00:13.25 ID:PKKdIUEt
誰がそんな小さい画面でそこまで求めてるんだよwwwwwwwww


13 :名刺は切らしておりまして:2013/04/21(日) 21:05:32.00 ID:fe9Kq9ez
それよりLibrettoの新機種を


53 :名刺は切らしておりまして:2013/04/21(日) 22:06:36.27 ID:QBJyBop1
>>13

出た
と思ったらアンドロイドだった


「ウィンドウズXP」サポート終了まであと1年:一向に進まぬ乗り換え

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :本多工務店φ ★:2013/04/08(月) 00:22:37.82 ID:???
国内で使われているパソコンのおよそ3分の1に搭載されている基本ソフト、「ウィンドウズXP」が、あと1年で期限切れを迎えます。
それ以降は、ソフトの欠陥を修正するサポートが打ち切られ、ウイルスに感染する危険性が大幅に高まるため、専門家は注意を促しています。

2001年に発売されたパソコンの基本ソフト、マイクロソフト社の「ウィンドウズXP」は、日本時間の来年4月9日、製品のサポート期間が終了します。
それ以降は、セキュリティー上の欠陥が見つかっても、修正するプログラムが提供されなくなるため、
ウイルスに感染したり、不正アクセスを受けたりする危険性が大幅に高まります。
民間の調査会社によりますと、去年11月の時点で、ウィンドウズXPは国内で利用されているパソコン、およそ7700万台の33%余り、
企業のパソコンに限れば、40%余りで引き続き使用されています。
このため、マイクロソフト社は、使用しているパソコンに最新の基本ソフトをインストールし直すことが可能かどうか確認するソフトを提供したり、
電話相談の窓口を拡充するなどして、早めの乗り換えを呼びかけています。
パソコンのセキュリティーに詳しい情報処理推進機構の加賀谷伸一郎調査役は、
「サイバー攻撃する側は、日々、新しい攻撃方法を考えているので、サポートが終わった基本ソフトだと太刀打ちできなくなる。
 期限が切れる直前になると、データのバックアップに手間取ったり、調達に時間がかかったりすることも考えられるので、
 被害を防ぐためにも早めの準備を心がけてほしい」と話しています。

基本ソフト乗り換え進まず
ウィンドウズXPの家庭向け製品のサポート期間は、当初、4年前の平成21年で切れることになっていましたが、
利用者の乗り換えが進まなかったことから、来年4月まで5年間延長された経緯があります。
しかし、去年11月の時点でも国内で利用されているパソコン、およそ7700万台のうち、
個人のパソコンの27.7%、企業で使われているパソコンの40.3%で引き続き使用されていて、乗り換えは一向に進んでいません。
背景には、XPが、ホームページの閲覧や、メールの送受信、動画の再生など、インターネットを利用する基本的な能力を備えているため、
利用者が乗り換えの必要性を感じなかったことがあります。
また、後継の基本ソフトを搭載するためには、パソコンに高い処理能力が求められ、パソコン自体の買い換えが必要となるケースが多かったのも一因でした。

教育現場でも対応に苦慮
こうした、ウィンドウズXPが搭載されたパソコンは、企業や一般の家庭だけでなく、多くの教育現場でも使われ続けています。
文部科学省の調査によりますと、去年3月時点で、全国の公立の小中学校や高校などの授業用のパソコン、およそ192万台のうち、
46%余りに当たるおよそ90万台で、引き続き、利用されていました。
このうち、千葉県佐倉市では、34ある市立の小中学校で、合わせておよそ2000台の授業用のパソコンが導入されていますが、
半数の1000台ほどがまだXPのパソコンです。
しかし、今年度中には乗り換えを進めることができず、佐倉市教育委員会は対応に苦慮しています。
おととしの東日本大震災を受けて決まった学校の耐震化を再来年度までに完了するため、
基本ソフトの乗り換えにかかる、合わせて5億円余りの費用を捻出できないのです。


ソース:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130407/t10013741551000.html

9 :名刺は切らしておりまして:2013/04/08(月) 00:27:26.62 ID:qNh8vjg8
マイクロソフトはXP対象のウイルス作ってそうww


21 :名刺は切らしておりまして:2013/04/08(月) 00:34:34.52 ID:XcJEE+um
あと、OS移行のハードルは独自デバイスやそれに対応するアプリの確保の面倒くささもあると思うよ。
俺のXPノートはGeForce(再生支援のために古いドライバ)、指紋センサ、SplashGateが入ってる。


«  | HOME |  »