ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 財政難
■ 更新ヘッドライン

東京新聞論説副主幹 「子孫に借金を残すな」論バカバカしい 人生は90年だが国は永遠に続く (NEWSポストセブン)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/12(木) 09:06:14.67 ID:???
消費税の引き上げについて新聞各紙では増税賛成派から「子孫に借金を残すな」という
論調がでてきた。こうしたロジックの欺瞞を東京新聞・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が
解説する。

 * * *

消費税引き上げ法案が衆院を通過し、いよいよ増税が本当の話になりそうだ。
マスコミも増税賛成派と反対派にくっきり分かれている。ちなみに東京新聞は反対派である。
増税応援団がよく持ち出す話の一つに「子孫に借金を残すな」論がある。
最近も毎日新聞が社説で「子や孫に借金回さない」という見出しを掲げて、次のように
主張した。
「民主党が政権を取って3年、以前にも増して借金は増え続けている。(中略)このままでは
膨大な借金を子どもたちの世代に回すことになる。ただでさえ少子化で次世代の人口は減り続け、
さらに若年者を労働市場からも締め出していたのでは、社会は破綻する」(7月2日付)

これは一見、もっともらしい。この際、根本に立ち返って考えてみよう。
そもそも子供に国の借金を残すのは悪いことか。人生90年として、いまの世代が将来の
子供世代に国の借金を残さないとしたら、これから最長90年で国の借金をぜんぶ返済しなければ
ならない。これは好ましいか。
そんなことを本気で実現しようとすれば、とんでもない大増税と歳出カットが必要になる。
あっという間に恐慌状態になって、子育てどころか日々の暮らしも困るようになるだろう。
まったく、ばかばかしい。

前にも書いたが、人生はだいたい90年で終わるが国は永遠に続く。
サラリーマンは必ず住宅ローンを返済しなければならないが、死なない国家は借金を
ぜんぶ返済する必要はない。言い換えれば、いつの時点でも子供はみんな国の借金を
背負っている。これが普通の状態である。「子供に借金」論は、有限の個人と無限の国を
同列に扱った目くらましの議論なのだ。
※週刊ポスト2012年7月20・27日号

ソースは
http://www.news-postseven.com/archives/20120712_127554.html

12 :名刺は切らしておりまして:2012/07/12(木) 09:13:55.72 ID:v9D3V0Sm
こいつは東西冷戦終結時、いくつもの国が「消えた」のを覚えていないのか…


13 :名刺は切らしておりまして:2012/07/12(木) 09:14:00.02 ID:4YF2yNWo
いや、歳入に見合った予算にしろよw
借金を無限に増やせるなら、いくらでも借金を残していいけどさ


2011年度末の国の借金959兆円、過去最大=財務省

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/05/10(木) 16:56:56.00 ID:???
[東京 10日 ロイター] 財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた
2011年度末の国の借金が959兆9503億円と過去最大になったことを明らかにした。
前年度末から35兆5907億円増加した。
12年度末の国の借金は当初予算ベースの見込み額で1085兆円になると試算している。
 
財務省は「国債および借入金並びに政府保証債務現在高」として、国の債務を集計し、
四半期ごとに公表している。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK080084820120510
財務省のサイトhttp://www.mof.go.jp/から、国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成24年3月末現在)
http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/gbb/2403.html

25 :名刺は切らしておりまして:2012/05/10(木) 17:07:18.23 ID:EuDTRWSr
どうやっていつまでに返すのか説明して欲しいね。


30 :名刺は切らしておりまして:2012/05/10(木) 17:09:24.42 ID:rP7QmCEL
都合の良い数字を持ち出して危機感を煽る
財務省必死だな


消費税「前借り」、国債抑制目標達成のために禁じ手:露呈した財政の行き詰まり

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :本多工務店φ ★:2011/12/24(土) 20:36:18.62 ID:???
政府が決めた2012年度予算案は、将来の消費税率引き上げをあてにした年金交付国債(仮称)を使って、
新規国債発行額を約44兆円以下に抑える目標は表向き達成した。

しかし、財源確保の先送りという「奇策」に頼ったことで、日本の財政の行き詰まりを露呈した。

今回の交付国債は、将来、政府が消費税率を引き上げた後に、
増税分から2.6兆円を年金特別会計に繰り入れることを定めた「約束手形」だ。
年金は予定通り給付するため、消費増税が実現するまでは年金積立金(約120兆円)を取り崩す必要がある。

増税が実現しなければ、交付国債はただの紙切れとなり、年金特別会計に約2.6兆円の穴が開く。
SMBC日興証券の末沢豪謙氏は「年金制度の信頼低下につながりかねない」と警告する。

にもかかわらず、財務省が交付国債に固執したのは、政府目標の新規国債発行「約44兆円以下」を達成するためだ。

政府は09年度から年金の国庫負担割合を36.5%から50%に引き上げた。
当時は、消費税率を引き上げて増収分から13.5%分を充てる方針だった。
しかし、消費増税は実現せず、11年度までは増額分を特別会計の剰余金など「埋蔵金」でしのいできたが、
12年度は埋蔵金がほぼ枯渇している。

ソース:YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111224-OYT1T00608.htm

7 :名刺は切らしておりまして:2011/12/24(土) 20:52:58.12 ID:aMvm8I5z
シャガクのガソプー


13 :名刺は切らしておりまして:2011/12/24(土) 21:11:50.93 ID:1duCjRbC
消費税10%上げないと、5年でこのロックフェラー崩れる



予算案、国債依存度は過去最悪に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :本多工務店φ ★:2011/12/24(土) 20:22:10.92 ID:???
来年度予算案では、国債に依存する割合が49%と過去最悪になり、国の財政状況はますます悪化しています。

政府は今回の予算案の編成で、国債の発行額を今年度の当初予算の44兆2980億円を上回らないようにする目標を掲げ、上限ギリギリの44兆2440億円に抑えました。
それでも、国債の発行額は3年連続で税収を上回り、歳入のうち国債に依存する割合も49%と過去最悪となる異例の事態となっています。

この結果、国の借金はさらに膨らみ、来年度末の時点で国債の発行残高は709兆円に上る見通しで、
国民一人当たりではおよそ554万円の借金を抱えていることになります。
また、国と地方を含めた長期債務残高は937兆円に達する見通しです。

国の借金が増加の一途をたどるなか、政府の財政運営は一段と厳しくなることが避けられない状況です。
来年度予算案の国の支出である歳出は、年金や医療、介護などの社会保障費と、国債の返済に充てる費用だけで全体の53.5%を占めました。
社会保障費は、高齢化の進展に伴って毎年1兆円を超える勢いで増え続けており、
新たな政策やほかの分野に十分な予算を充てられなくなる「財政の硬直化」が一段と進む見通しです。

その一方で、国の収入である歳入は、バブル崩壊以降、経済は低成長が続いているため、税収はここ数年40兆円前後で頭打ちになっています。
さらに新たな財源として期待されてきた国の特別会計や独立行政法人の積立金といったいわゆる「埋蔵金」などの税外収入も3兆7439億円と、
今年度の半分程度しか捻出できませんでした。

こうした状況を受けて、政府は、安定的な財源を確保するため、
社会保障と税の一体改革で2010年代半ばまでに消費税率を段階的に10%まで引き上げるための法案を今年度中に国会に提出することにしており、
財政再建に向けた道筋をどこまで示すことができるのかが課題となります。

ソース:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111224/t10014881951000.html

3 :名刺は切らしておりまして:2011/12/24(土) 20:26:45.37 ID:zKMaqxkF
リボ払い辞めろ
まじで年寄どもには制裁が必要だな


4 :名刺は切らしておりまして:2011/12/24(土) 20:28:08.71 ID:HYQ9olCl
90年以降GDP増えてない国って日本以外にあったりするのかな。
増税すれば少しは税収増えるだろうけどGDPが700兆円になるくらい経済成長しないと
税収も大きくは増えないだろう


借金1000兆円の日本。若い世代のためにも「早くデフォルトしたほうがいい」という意見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/12/17(土) 15:40:57.01 ID:???
今年度末には国の借金が1000兆円を超える日本。年間の税収40兆円に対して、支出が80兆
円、毎年払う国債の利子だけで10兆円という財政状態は、いつギリシャのようにデフォル
ト(国債の債務不履行)してもおかしくない。

実際のところ、日本の財政はいつまでもつのか。元日本経済新聞記者で、『マイニュース
ジャパン』編集長の渡邉正裕氏はこう語る。

「現状ではすぐに破綻するとは言い切れない部分もあります。というのも、国際的に見る
と日本の消費税率は非常に低い。20%前後が当たり前の欧州と比べれば、日本はまだ増税
の“伸びしろ”があるともいえる。1%で税収は約2兆円ですから、一気に20%増税すれば
単純計算で40兆円。今は毎年40兆円ずつ国債を発行しているので、プライマリーバランス
を黒字にすることはできます。あくまで理論上は、ですが」

だが現実には、そう計算どおりにはいかないと渡邉氏は言う。

「実際には増税すると消費が減ってGDPが落ち込み、税収は増えない。すると、ますます
増税しなきゃいけない。どんどん税率だけが上がって最悪の経済状態を迎え、重税国家に
なってしまう。結局、破綻が先延ばしになるだけです。それはつまり、現役世代ばかりに
負担を押しつける“老人勝ち逃げ国家”ということ。若者は苦しい生活を送り続けるしか
ありません」(渡邉氏)

そのため、あえて早くデフォルトした方がいいという声もある。経済ジャーナリストの
須田慎一郎氏はこう話す。

「デフォルトしてIMFが管理に入れば放漫な財政は許されない。いかに破綻した国債の残債
を返せるかどうかですから、国のお金を厳しく監視されます。例えば、年金はこれぐらい
カットしなさいとか、国民皆保険なんてとんでもないとか、生活保護をこんなに出して
どうするとか。要は箸の上げ下ろしまですべてコントロールされるということ。もし日本
政府が国債クラッシュ回避の道筋を示せないのなら、デフォルトは早いほうがいい。その
分、傷も浅く済みますから」

デフォルトという“Xデー”がいつか来るのなら、無駄な延命措置は若い世代への重荷に
しかならない。はたして、“特効薬”をいつまで探し続けなければならないのか。

(取材/頓所直人、木場隆仁、中島大輔)

ソース:週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/12/8583/

2 :名刺は切らしておりまして:2011/12/17(土) 15:42:16.87 ID:47IR8F1e
子無し屑どもを独立採算制にするかどっかに隔離しろよ
子無しに払う年金なんかねえし、つか払う子供自体いねーんだからよ


12 :名刺は切らしておりまして:2011/12/17(土) 16:02:52.95 ID:NIhYaS3T
ギリシャは海外からの借金
日本は日本人からの借金=日本人の資産

比較することすらアホらしい




«  | HOME |  »