ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 国家戦略
■ 更新ヘッドライン

"40歳定年制"で日本再生--国の長期ビジョン『フロンティア構想』報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/07/07(土) 09:44:39.25 ID:???
国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)の分科会は6日、国の長期ビジョン「フロンティア構想」の
報告書をまとめた。国家の衰退を防ぎ、個人や企業が能力を最大限生かして新たな価値を生む
国家像を2050年に実現するための政策を提言。「40歳定年」で雇用を流動化するなど労働生産性
を高める改革案を盛り込んだ。

学識者や企業人らで構成するフロンティア分科会(座長・大西隆東大大学院教授)が野田首相に
報告した。首相は「社会全体で国づくりの議論が喚起されることを期待する」と述べ、近く
まとめる日本再生戦略にも反映する意向を示した。

改革案の柱は雇用分野だ。60歳定年制では企業内に人材が固定化し、産業の新陳代謝を阻害している
と指摘。労使が合意すれば、管理職に変わる人が増える40歳での定年制もできる柔軟な雇用ルールを
求めた。早期定年を選んだ企業には退職者への定年後1~2年間の所得補償を義務付ける。社員の
再教育の支援制度も作る。雇用契約は原則、有期とし、正社員と非正規の区分もなくす。

もっとも定年制の前倒しには労働者の強い反発が必至だ。社内教育で従業員に先行投資する企業側の
抵抗も予想される。改革の実現には転職市場や年功型の退職金制度、人材育成などと一体的な検討が
必要だ。改革案は長期的な指針で、全て早期に実現を目指すという位置づけではない。

報告書は現状のままでは日本は新興国との競争に敗れ、少子高齢化も進んで50年に「坂を転げ落ちる」
と予測。将来の理想は付加価値の高い産業が立地する「共創の国」とした。時間や場所を選んで働ける
ようになれば仕事と育児を両立できる人が増え、出生率は改善すると見込んでいる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO43478440X00C12A7EA2000/

17 :名刺は切らしておりまして:2012/07/07(土) 09:54:59.68 ID:FS67FzUu
雇用の柔軟化→派遣制度
雇用の流動化→40歳定年
雇用の国際化→外国人の無制限雇用

住みやすい国になるなあ~おっと、国ってのもなくなるのんだな、
それでいい、それでいい、マフィアの一員になろっとw


48 :名刺は切らしておりまして:2012/07/07(土) 10:09:44.06 ID:IYRfFsCa
>>17

> 雇用の柔軟化→派遣制度
> 雇用の流動化→40歳定年

また第2次ベビーブーム世代をターゲットにするんだな


78 :名刺は切らしておりまして:2012/07/07(土) 10:28:05.95 ID:pT6mUCzH
>>48

ベビーブーマーは世代人口多いからまだ恵まれてるよ。
本当に悲惨なのは若者。


31 :名刺は切らしておりまして:2012/07/07(土) 10:01:19.49 ID:r6TW19V2
先ず公務員の定年40歳にすれば良い


«  | HOME |  »