ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 酒造
■ 更新ヘッドライン

中国資本のシャトー買収に反発、有名ワイナリーが「中国人には売りたくない」--中国紙 (RecordChina)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/05/07(月) 16:20:38.96 ID:???
2012年5月5日、世界的なワインの名産地、フランス南西部の都市・ボルドーでは
ここ数年、中国資本によるワイナリー買収が目立っている。その結果、現地では
中国資本に反発する声も上がっているという。中国青年報(電子版)が伝えた。

ボルドー近郊の仲介業者によると、同社が初めて手がけた中国資本による
ワイナリー買収は08年の中国青島龍海集団によるもので、当時、フランス国内で
大きな話題になった。09年と10年にも1カ所ずつワイナリーが買収され、11年には
10カ所以上のワイナリーが中国人の手に渡っている。

仏メディアは08年からこれまでに20カ所から30カ所のボルドーのワイナリーが
「中国人の手に落ちた」と伝えた。
だが、前述の仲介業者によれば、現在40カ所以上のワイナリーで中国側を相手に
買収の話し合いが進められているという。
ワイナリー購入者は中国の国営企業や民間企業、大富豪、映画スターなどさまざま
だが、「ボルドー」のブランド力を求めている点と、
接客に必要なシャトー(大邸宅)のあるワイナリーにしか興味を示さない点が
共通している。

中国資本の参入を歓迎しているのは、経営状況の思わしくない小規模ワイナリーの
オーナーたちだ。某高級ワイナリーのオーナーは「われわれの仲間は誰一人として
中国人にワイナリーを売りたいとは思わない」と断言。
また某銀行のトップは「中国人のワイナリー買収は彼らがアフリカでやっている
ことと同じ。つまり現地の資源の略奪と破壊にすぎない」と非難している。
しかし、仏メディアは中国人オーナーが昔から働いている従業員の継続雇用を
認めていることやワイナリーの運営を買収前と同じように続けている点を評価。
「中国人はフランスでフランス産のワインを学んでいるだけだ」と好意的に伝えている。

ソースは
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61049

20 :名刺は切らしておりまして:2012/05/07(月) 16:43:44.46 ID:MIe2DSrq
日本も以前同じ事やっていたでしょ?何とも言えないな


30 :名刺は切らしておりまして:2012/05/07(月) 16:54:18.52 ID:3J569xD1
>>20
そうなんだが規模が違いそう


26 :名刺は切らしておりまして:2012/05/07(月) 16:49:44.95 ID:FDlghOwQ
僕の斜塔も中国人には買われたくないなー。
きもちわわかるよ!


«  | HOME |  »