ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 報道
■ 更新ヘッドライン

「日本の"原発ムラ"、降伏せず」--ドイツのメディア、日本政府の原発政策に高い関心

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/03/14(水) 23:43:25.90 ID:???
福島第1原発事故から1年になったのに合わせ、事故後に主要国でいち早く
「脱原発」を決めたドイツでは、日本政府のその後の原発政策にメディアの
関心が集まっている。

シュピーゲル誌は「潤沢な補助金で住民を説得し、原発を再稼働させることは
もはやできない」としながらも、「日本はまだ脱原発を公式に宣言していない。
産業界とメディアで構成されるGenpatsu Mura(原発村)は
降伏していない」と指摘し、「原子力ロビー」の抵抗が強いと伝えた。
同誌は事故後、天下りシステムなどの説明も交え、日本で原発支持派が力を持つ
理由を継続的に報じている。

南ドイツ新聞は東京特派員電で「70%の日本人は脱原発を望んでいるが、
街に出てデモに参加する人は少ない。むしろ人々はShoganai(しょうがない)
と話す」と報じている。

一方、この1年で結局はドイツの脱原発路線に追随する国が少ない現実にも触れ、
ウェルト紙は「ポーランド、ロシア、リトアニアなど近隣国はむしろ原発を
新設する方向にある」と指摘。先進工業国としてのドイツの脱原発政策を
「現実逃避主義」と批判した。今月の世論調査ではドイツ国民の約8割が
「脱原発は正しかった」と回答している。

http://mainichi.jp/select/world/news/20120315k0000m030077000c.html

2 :名刺は切らしておりまして:2012/03/14(水) 23:44:27.86 ID:K2cqwLjG
原発村は官僚と一体だから無くならないよ


3 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2012/03/14(水) 23:45:20.27 ID:UJvdSGkk

怖れていた原発御用学者、宣伝スターの復活宣言・・


«  | HOME |  »