ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 世相
■ 更新ヘッドライン

激増する"社内うつ"--うつ病による社会的損失は2兆7千億円

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/03/20(火) 18:24:28.86 ID:???
うつ病の行きつく先は自殺となりかねない。日本の自殺者数は、2010年まで
13年連続で年間3万人を超えた。1月初めに発表された11年の速報値も30513人。
自殺の原因は、うつ病を含む病気と経済苦が大半を占める。

「自殺の直接原因となるうつ病は全体の3割ぐらいです。ただ、重い抑うつ状態に
あったのは全体の8~9割、あるいは5割程度とみる医師もいます。いずれにせよ、
うつが自殺に向かわせる大きな要因になっていることは確かです」と、メンタル
ヘルスの第一人者、渡部卓・ライフバランスマネジメント(LBM)研究所代表は
説明する。

心の病は、こじらせてしまうと治りにくく、自殺という危険な因子を内包する。
発症者の男女比は1対2で女性が多いが、自殺者は2対1。うつ病はいま働き盛りの
中高年男性を強襲している。だが、その現実に関心をもたない企業経営者が
あまりにも多く、自殺予備軍となる社員を見過ごしている。

厚生労働省は、うつ病による労災申請の増加に対応するため、従業員へのストレス
検査の実施を事業者に義務づける「労働安全衛生法改正案」を次期通常国会に提出
する方針。うつ病を予防する動きに国も乗り出したが、中小企業の経営者は新たな
コスト負担としかとらえていない。社内うつに本気で取り組む姿勢はみえてこない。

うつ対策の専門家たちは、会社でリーダーシップを発揮する経営者ほど、メンタル
ヘルスを理解しにくい傾向にあると指摘する。荒波を乗り越えて会社を率いる経営者は、
総じてストレス耐性が強い人たち。うつ病になる社員は、弱さが原因ととらえがちで
「苦労が足りない」としか思わない。そこに、うつが蔓延する主因がある。だから
単なるポーズだけの対策や、人事・総務に丸投げする対策に陥りがちだ。

最も大切なのは、背後にある組織的な欠陥や業務遂行上の問題に踏み込んで改善する
こと。それなくして根本的解決にはならない。うつ病対策は、一部の社員対策ではない。
全社員が働きがいをもって業務に臨める体制を目指す社内変革だ。これが生産性を高め、
業績向上につながることを知らない。

■社会的損失は2兆7千億円

労務行政研究所が2年ごとに調査する「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」
(10年実施)では、メンタル不調で1カ月以上の欠勤・休業者が「いる」と回答した
企業は6割を超えた。1千人以上の従業員規模では9割以上という結果に対し、300人未満
では3割に過ぎない。大手企業ほど制度的に休職しやすい環境があり、規模が小さい企業
ほど退職するケースが多い。この実態が調査結果には反映されていないようだ。休職まで
に至らない人も含めれば、うつなど精神疾患を抱えた社員は、日本のすべての会社にいる
とみるべきだろう。

30年以上も人事畑を歩いてきた新日鉄ソリューションズの中澤二郎・人事部部長は、
職場の現状について、このように語る。「バブル崩壊以降に訪れたのは“倦怠”なのかも
しれませんね。ストレス発散をしても根本的な問題解決にはつながっていかなかった。
その中でサラリーマンが求めたいのは、“働きがい、生きがい”だったのだが、景気低迷で
会社が求めるのは効率第一主義。そのギャップに耐えられない、わりきれない人が増えた」。

※続く

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1746

3 :名刺は切らしておりまして:2012/03/20(火) 18:28:24.67 ID:ibOupS6h
こういう社会的な病気は社会から離れて暮らすことをおすすめする。



101 :名刺は切らしておりまして:2012/03/20(火) 20:22:40.37 ID:3hJXxEzv
>>3

罹患中。まじでそっとしといてほしい。


20 :名刺は切らしておりまして:2012/03/20(火) 18:43:54.15 ID:xxTKy62h
俺もうつ病認定されたけど、保険の認知療法は期待できない。
今の保険制度じゃ、SSRI出しておしまい。
もっとも有効だったのは、他人のために無償奉仕する生活だった。
誰かを救うことで自分も救われたと思う。


頑なにSNSを拒む人の言い分--「"つながりたい"という一生懸命さがイタい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/02/26(日) 12:35:01.16 ID:???
最近、名刺交換をした後に、「フェイスブック(FB)やってますので、お気軽に友達申請を」
なんて言われることが増えた。電車やカフェで、クルクルとスマホからツイッターやFBを
見ている人も多い。

実際、「ニールセン・インターネット視聴率」(ネットレイティングス社)によると、なんでも
2012年1月のFBの訪問者数は1305万人(前月比104%)、ツイッターが1359万人(前月比101%)。
訪問者を減らし、ときに「終わってる」と言われるミクシィだって平均訪問時間は158分と、
いまだ、ほかのSNSに比べて圧倒的に長い平均視聴時間を誇っている。

もはや、“当たり前”のメディアとなりつつあるSNS。が、一方で、「嫌悪感」に近い拒否感を
示す人も少なくない。

「ミクシィにしてもツイッターにしても、FBにしても何が楽しいのか、まったくわからないんですよ。
『つながりたい』という一生懸命さもイタいですし、頑張って作ったそのつながりだって所詮、
上辺だけですよね。そのほうが、余計に寂しくないですかねえ。フェイスブックの『いいね!』
でしたっけ? みなさん、押すとき、本当に心から『いいね!』って思ってるんですか? 
『いいね!』って、なんだか太鼓持ちっぽくないですか」(32歳・男・フリーター)

「よく行く飲み屋で知り合ったカップルの女のコのほうが、彼氏と大喧嘩して3日後に仲直りする
までの顛末を逐一、ツイートしてたらしいんです。『今から出てく!』『もう、終わりだとか』(笑)。
だから、飲み屋の常連全員が2人の動向を知ってて……。自分のことを他人に晒す気持ちはまったく
理解できないし、見たくもない」(31歳・女・販売)

「仕事で付き合いのあるおじさんたちが『FBを始めろ』ってうるさいんですよ。でも、もし始めたら、
その人たちにいちいちリアクションしなきゃいけなくなるんですよね? 月に1回のセミナー後の
懇親会にお付き合いするだけで私的には十分」(36歳・女・広告)

SNSの魅力や可能性について熱く語られても鼻白むが、こう頑なに拒絶されても困惑してしまう。
SNSといっても所詮、コミュニケーションの媒体のひとつ。

AS YOU LIKEが、いいね! 

http://news.livedoor.com/article/detail/6314208/

3 :名刺は切らしておりまして:2012/02/26(日) 12:37:02.62 ID:3H/ISZZr
そりゃ一日中TwitterやFacebookにかじりついてる奴は病気だろ
1週間に3回以上ポストしてる奴は漏れ無く廃人


6 :名刺は切らしておりまして:2012/02/26(日) 12:38:16.08 ID:WTJhFoKq
童貞的思考だよな


«  | HOME |  »