ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 市場価値
■ 更新ヘッドライン

欧州高級ブランドにとって、ますます重要でなくなってきた日本

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/02/21(火) 20:09:49.09 ID:???
昨年3月11日の東日本大震災によって日本は景気後退入りし、消費者支出は10年以上なかった
水準にまで落ち込んだが、世界の高級ブランドの中には、2011年の日本での売上高が前年比
10%以上増加したと最近発表したブランドもある。 

しかし、輝くもの全てがダイヤモンドとは限らない。高級ブランドの仏LVMHモエヘネシー
・ルイヴィトンとPPRが発表した売上高には、円がユーロに対して7.7%高くなった影響が
含まれている。 

日本の売り上げ増加は歓迎されている。長年にわたって日本の売り上げの伸びが近隣の新興
アジア諸国と比べると見劣りする状態が続いているためだ。しかし業界の観測筋は、長く停滞
している日本の高級品市場が大きく復活するとは考えない方がよいとみている。 

世界最大の高級品メーカー、LVMHは今月、昨年の日本の売上高が前年比10%増の19億
7000万ユーロ(約2100億円)になったと発表した。同社はシャンペンのモエ・エ・シャンドン
やファンションブランドのセリーヌを傘下に持つ。 

しかし、為替の変動による影響を除外すると、違った様相が見えてくる。LVMHは、為替の
変動がなく、買収や売却などの影響がないと仮定すると、日本の売り上げは1%減だったと
述べている。昨年初め時点の相場は1ユーロが108円57銭だったが、12月末までには100円25銭
まで下がった。 

一方、グローバルな売り上げの観点からすると、日本は高級品メーカーにとってますます重要で
なくなってきている。 

LVMHの昨年の総売上高237億ユーロのうち、日本が占める比率はわずか8%で、日本を除く
アジア諸国の27%を大きく下回っている。日本以外のアジア諸国では、高級品に対する需要が
旺盛で、成長が見込める。5年前は、売り上げのうち日本が占める比率が13%、日本を除く
アジア諸国が17%だった。

この変化は日本に展開する多くの高級ブランドで見受けられる。 

コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーは日本の昨年の高級品市場の規模が185億
ユーロだったと推測しているが、日本の高級品市場の売上高を押し上げたもう一つの要因は、
大型の買収がまた目立つようになったことだ。 

LVMHは昨年、イタリアの宝飾品ブランドのブルガリを43億ユーロで買収し、6月30日に
会計上の統合を行った。ブルガリは日本での人気が高い。LVMHは通常ブランドごとの
売り上げを公表しないが、LVMHの傘下に入る前の1年間のブルガリの日本の売り上げは
約2億ユーロで、日本はブルガリにとって最大の市場となっていた。 

この記事に対するLVMHのコメントは得られていない。 

PPRも同じような状況だ。PPRはイヴ・サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、
それに主力のグッチといったブランドを擁している。同社は先週発表した決算の中で、昨年の
日本の売り上げが12%増の9億8350万ユーロだったことを明らかにした。しかし、為替の変動や、
買収や売却などの影響を除外すると、売り上げの伸びは5.6%にとどまった。スポーツウエア
ブランドのプーマを買収しレジャー・スポーツの分野に進出したことが売り上げを押し上げた。 

※続く

◎ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000011-wsj-bus_all

5 :名刺は切らしておりまして:2012/02/21(火) 20:14:32.55 ID:WWpoDq7m
その高級ブランドに魅力を感じなくなって、日本人に不要とする人が増えている欧州高級ブランド


10 :名刺は切らしておりまして:2012/02/21(火) 20:17:59.33 ID:5RAXCa2/
もう高級ブランド自体時代遅れなんだよ。


«  | HOME |  »