ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 製造業
■ 更新ヘッドライン

「工場誘致で払った補助金返せ」 地元自治体、撤退企業にブチ切れる

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/06/24(日) 20:57:32.68 ID:???
 地方に工場進出した企業が、地元自治体からもらった「誘致補助金」の返還を求められ
るケースが続出している。大赤字の電機メーカーを中心に、立地から何年もたたないうち
に工場を縮小したり、撤退する例が相次いでいるためだ。根底には中国や新興国の台頭に
伴う日本の製造業の空洞化と地域経済の疲弊があり、出ていく側(企業)も、出て行かれ
る側(自治体)も、頭を痛めている。

■パナソニックは12億円返還

 パナソニックは兵庫県尼崎市にあるプラズマパネル3工場のうち2工場の生産を停止。
2012年2月、兵庫県から誘致補助金12億6000万円の返還を請求され、4月に全額返納した。
パナソニックへの補助金は、「設備投資の3%で上限なし」(県産業集積条例)が適用
され、3工場で計145億円の補助が予定され、これまでに約80億円が交付されていた。
しかし、テレビ事業の採算悪化で昨年秋に2工場の生産停止を決定。稼働から約2~6年と
短く、県は「当初想定した経済効果に見合わない」と、一部返還を求めていた。

 実は、県条例には操業義務付け期間の明文規定がなく、今回、最低10年以上とする規定
を設けた。パナソニックの撤退での返還請求は「後出しジャンケン」といえる苦しいもの
だったが、パナソニックが短期間での撤退の"負い目"から請求に応じ、県関係者は胸を
なでおろしたという。

 パナソニックでは、子会社のパナソニック液晶ディスプレイ(元々は日立ディスプレイズ
として立地=千葉県茂原市)も今年3月閉鎖、別会社に譲渡となった。06年の操業開始
以降の県補助金20億円余りのうち3.4億円を返還した。

 シャープ亀山工場(三重県亀山市)も返還を求められた。04年に液晶パネル工場が完成
、2年 後に第2工場も稼働し、ここで作られる液晶パネルは「世界の亀山ブランド」として
一世を風靡した。だが、09年に工場の一部ラインが中国企業に売却されるなど生産は縮小
。一時は国から地方交付税を受けない「不交付団体」に昇格した亀山市だったが、今は
「交付団体」に逆戻り。この間、県と市から計135億円の交付を受けたが、県の請求に
従って約6.4億円を返還した。

■訴訟で取り返すケースも

 訴訟に発展したケースもある。液晶テレビ用の蛍光ランプを製造するNEC100%子会社、
NECライティング(長野県伊那市)は、05年6月に操業を開始したが、10年11月閉鎖になった。
これまでに県が3億円、伊那市も約1.6億円を補助しており、返還規定を盛り込んだ規則が
ある県には3918万円が返還された。市条例には最低限の操業期間を義務付ける具体的規定
がなかったことから、民事調停に持ち込まれ、NECが市に1000万円を支払う地裁の調停が
成立した。しかし、「低額調停」を不満とする住民157人が、市長らを相手取り、補助金
全額返還と損害賠償をNEC側に請求するよう求める訴訟を起こしている。

 自治体が企業誘致に奔走したのは2000年ごろから。三重県の北川正恭知事(当時)が
シャープ誘致に大盤振る舞いして先鞭をつけたとされ、地方自治の先進例ともてはやす
向きもあったが、リーマン・ショック以降、企業の生産縮小や撤退表明が加速し、目論見
が崩れた。

ソース:J-CAST
http://www.j-cast.com/2012/06/23136691.html
(つづく)

16 :名刺は切らしておりまして:2012/06/24(日) 21:08:35.37 ID:GYKtI9kg
まあ、やっぱ契約の条項に入れとかないといかんよ。それがルール。


77 :名刺は切らしておりまして:2012/06/24(日) 21:50:01.72 ID:q4pJk/0U
>>16
地方自治体はルール無用のやくざ集団だからね。
「時代の流れです。」「担当者は異動しました。」で、
すべての約束事を反故にできると思っている。




26 :名刺は切らしておりまして:2012/06/24(日) 21:14:30.65 ID:Chosevcg
間抜けにも 返せという 乞食体


「我々が欲しいのはロシア製じゃなく日本製のパジェロなんだ」 今なお輝く「メイド・イン・ジャパン」ブランド

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2012/01/28(土) 15:33:16.16 ID:???
円高時代、低コストの海外生産に移行する企業が続出しているものの、日本国内での生産の
メリット は、国内企業への対応に優れていることだけではない。海外市場に対して訴求力を
持っている「メイド・イン・ジャパン」のブランド力を活かせる強み も実は健在である。

欧州での「日本製」の根強い威光を物語るエピソー ドがある。 地方の道路事情が悪いにも
かかわらず、別荘暮らしを好むロシアでは、悪路走破性の高い三菱自動車の パジェロが
圧倒的な人気を誇っていた。そんな中、 三菱自動車は2010年からロシアでの乗用車の現地
生産を開始。
しかし、生産車種のラインナップに、パ ジェロは入らなかったのである。 「ロシア市場を
マーケティングした際、“我々はロシア製のパジェロが欲しいのではなく、日本製のパジェロが
欲しいんだ”という声が多く聞かれたため、 パジェロは現地生産の車種には入らなかった
らし い。高品質で壊れにくいというメイド・イン・ジャパンの高い評価が今も変わって
いないことがよくわかります」(自動車業界関係者) 富士通は、日本を代表するパソコン
メーカーということもあり、「メイド・イン・ジャパン」のブラン ディングに徹底してこだわる。
同社が国内で一貫製造しているパソコンは、ノート型を「出雲モデル」(島根県出雲市)、
デスクトッ プ型を「伊達モデル」(福島県伊達市)と製造拠点の名を冠し、完全日本生産で
あることを積極的にア ピールしている。そして海外出荷比率を70%にまで引き上げ、生産
台数を2011年度の年間660万台から2013年度までに1000万台に増やす目標を立ててい る。
「アジアの市場は“とにかく何でも安いものが売れる”という傾向があるが、品質を重んじる
欧州では日 本製の製品に一定のバリューがある。実際、輸出先 としては欧州向けが多い。
今後はメイド・イン・ ジャパンとはっきり表示することで、需要の底上げになると期待して
います」(宇佐美・島根富士通社長)

※週刊ポスト2012年2月3日号
http://m.news-postseven.com/archives/20120128_82423.html

4 :名刺は切らしておりまして:2012/01/28(土) 15:35:59.60 ID:v51+YBoX
made w


10 :名刺は切らしておりまして:2012/01/28(土) 15:42:11.65 ID:aNonFiGW
そらそうだろう。極東だけじゃなく、内陸でも冬の車故障は即死に繋がるからな。


166 :名刺は切らしておりまして:2012/01/28(土) 20:02:26.69 ID:9MayjXFk
>>10

ロシアでは車故障して即死すんの?www


«  | HOME |  »