ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 人材育成
■ 更新ヘッドライン

日本の若者だけ取り残される? 世界の学生は中国でハードに勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/10/18(火) 01:57:43.46 ID:???
この夏は、高校生の娘を上海の大学で語学研修させたんですよ」。自称「町工場の親爺」さん、
上海に拠点を持って6年になる埼玉県の精密機械メーカーの経営者Aさんはこう近況を語った。

中国抜きで将来は語れない――そうした考えを持つ人はビジネスの世界を超えて、教育の場に
まで広がりつつある。

また、先日、上海でこんな日本人の親子と出会った。

「うちのせがれは高校生なんですが、今後は中国の大学への進学を考えているんです」

上海の現地法人に駐在する父親が、夏の休暇をとって息子と2人で中国の大学巡りをしているのだ。
グローバルビジネスの最前線で働く父親たちは、自分が受けてきた教育に限界を感じている。
せめて自分の子どもたちには、国際舞台で闘える人材になってもらいたいと願っているのだ。

「今後、社会で必要とされる人材像を考えた時に、日本の教育だけではもう限界だと思うんです」
(前出の駐在員)。今後の進学先は、日本なのか、アメリカなのか、はたまた中国なのか。
親心は揺れる。筆者は「せがれ」と紹介された高校2年生の男子生徒に「いいお父さん持って
幸せだね」と声をかけずにはいられなかった。

■中国を目指す各国留学生たちの思惑

上海市内の大学では今、何千人という規模で各国からの留学生を受け入れている。

どこでも目立つのは韓国人だ。上海では大学周辺からタクシーに乗れば、決まって「韓国からの
留学生?」と訊ねられる。それほどに韓国人留学生はプレゼンスを増してきているのだ。韓国
総領事館によれば、上海市における長期滞在者は2009年度で4万5000人(登録ベース、出張者
などの短期滞在者は含まない)、そのうち留学生は1万5000人にも上る。

中国の大学に留学してくるのは、もちろん韓国人だけではない。東南アジア、中央アジア諸国
のみならず、欧米やロシア、アフリカからもなだれ込んでくる。

タイは今ちょっとした中国留学ブームであり、ラオスはほぼ“国策”にも近い。毎年1000人近い
学生が中国留学の奨学金にチャレンジする。ロシア、カザフスタンはむしろ「上海出稼ぎ女子」
が中国留学を牽引しているようだ。

ちなみに、どの国も対中感情は複雑なものがある。ベトナム、モンゴルなどは歴史的な国境問題
を抱えている。アフリカは押し寄せてくる中国資本に不安を覚えているし、ラオスもその点は
同様だ。国家として見た時、どの国も決して対中感情はいいとは言えない。

だが、経済の発展を考えれば、中国とのパートナーシップを構築せざるを得ない。どの国の出身者
であれ、次世代を担う若者は、自分の将来を中国の発展に重ね合わせ、中国語や中国人の物の見方、
価値観を徹底的に学ぼうとする。

■ハードな授業に息も絶え絶え

中国の大学生のガリ勉ぶりは、すでに読者諸氏もお聞き及びのことだと思う。そのモーレツさに、
特に日本人をはじめとするアジア諸国、アフリカの学生たちは「中国人、スゴすぎ!」とタジタジだ。

中国人学生は「全国から選ばれし者」たちが門をくぐるわけで、彼らのプライドの高さと学業への
入れ込み具合は、日本の大学生とは比べ物にならない。いい企業に就職して、高い収入を得るために、
明けても暮れても勉強だ。彼らは寸暇を惜しんで図書館に駆け込む。宿舎にいては、ネットやゲーム
にすぐに手が伸びてしまうからだ。(※続く)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/25825

9 :名刺は切らしておりまして:2011/10/18(火) 02:03:24.30 ID:BRI132FZ
共産党が支配してる限り中国に人材を放り込むのは愚行


244 :名刺は切らしておりまして:2011/10/18(火) 09:29:35.52 ID:u47m9LPF
>>9
共産党が支配していた、
ロシアのモスクワやサンクトペテルブルグに、
人材を放り込んだ人はおろかだったと証明されているからね?



14 :名刺は切らしておりまして:2011/10/18(火) 02:08:33.39 ID:2eKksG+x
いまごろ中国って、ピントがずれてるんじゃないの。
これから来るのは、インドだろ。




«  | HOME |  »