ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 世界経済
■ 更新ヘッドライン

日本が世界金融危機の次なる「誘発点」に--米フォーチュン誌

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/02/24(金) 13:38:09.21 ID:???
2012年2月23日、米誌フォーチュンは、ウォールストリートで日本が世界金融危機の
次なる「誘発点」になるとの見方が広がっていると報じた。中国紙・経済参考報が伝えた。
以下はその内容。

欧州債務危機が一息ついたばかりだが、ウォールストリートは日本が世界金融危機の
次なる「誘発点」になるのではないかと心配し始めている。日本経済は衰弱し、借金の
額もすでにギリシャを上回る水準に達しているからだ。

ウォールストリートでは今、日本の債務危機が爆発を起こす日に備え、日本国債のCDS
(クレジット・デフォルト・スワップ)の買い入れが活発化している。ニューヨークと
ロンドンの取引所でも職員が「最近の日本国債のCDS指数は135bp前後で、利回りより
100bpほど高い」と話している。

日本の債務爆弾が明日すぐに爆発するわけではないが、現在の日本のCDS価格は1年前
より50%高くなっている。ウォールストリートでは、日本政府がもはや返済能力を
持ち合わせておらず、史上最大規模のデフォルトを引き起こす可能性が高まっている
とみているようだ。

日本の政府債務残高は対国内総生産(GDP)比235%に達し、今なお上昇を続けている。
その危機的状況は他国と比べるとよくわかる。米国は同98%、かなり緊迫した状況と
みられるギリシャでも159%、ポルトガルは110%前後にすぎない。

◎米誌フォーチュン--Is Japan next?
http://finance.fortune.cnn.com/2012/02/16/is-japan-next/

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=59023

4 :名刺は切らしておりまして:2012/02/24(金) 13:41:00.70 ID:66Lglysg
責任の擦りつけ始まりましたー


8 :名刺は切らしておりまして:2012/02/24(金) 13:43:41.61 ID:Vj9/s//m
「金返してくれ!」
「あいよ、ちょっと待って、すぐ刷るから・・はい、どうぞ」
一件落着!


ついに巨大市場 中国バブル大崩壊

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :本多工務店φ ★:2011/12/23(金) 11:54:52.78 ID:???
「欧州発の世界恐慌が現実味を増してきた」--。最近の経済ニュースで頻繁に発せられる言葉である。
しかし、日々の生活の中で「何がどうなれば」というあたりの実感がないと、理解しにくいものである。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ドイツ、フランスなどユーロ圏15カ国の国債を、格下げの方向で見直すと発表した。
すると早くも「欧州の債務危機が日本を直撃、国債が売り崩されて日本経済が沈没する」という不吉なシナリオが囁かれるようになった。
不安に思う要因の一つは、このような想定と実態経済の境目が曖昧に感じられるところにある。
日本国債は、12月1日発売の10年物金利が1.09%と、約4カ月ぶりの水準に上昇した。
金利が上がる=魅力があるというのは間違いではないが、裏を返せば、そうまでしないと国が金を集められない、つまり国に金がないという意味だ。
ちなみに火種のギリシャ国債は20%を超えるまでになっているが、信用がないので誰も買わない。
これは、政府が国民を騙していたという“実態”に基づいている。

欧州では一時、イタリア国債が危険水域の7.3%にまで達した(その後、政府の緊急策により低下)。
また、ユーロ圏最後の安全資産と目されていたドイツ国債にしても、募集額に投資家の需要が届かない大幅な「札割れ」が発生。
これを機にユーロ圏で株安・債権安が加速した。
それが回りまわって「まだ安全圏」(市場筋)にある日本に飛び火し、大量の日本国債が売られて現金化されるという由々しき事態が“想定”されるという図式である。
「S&Pやムーディーズなどの米本国の格付け会社は、財政事情を無視して以前から日本国債の格下げに熱心だった。しかも日本は円高で体力が低下している。
 米格付け会社が更なる格下げに踏み切れば、日本国債は“第2のイタリア”になる。そうなれば日本を叩き潰して大儲けを目論むヘッジファンドの思うツボ。
 格付け会社とヘッジファンドの怪しい二人三脚を勘繰る向きは多い」
市場関係者が語ったこのような話は『週刊現代』でも報道されていた。
彼らの目的は「安く買って高く売る」金儲けだ。そのために“信用”を操り、手段として“想定”を駆使する。
しかし、意外と知られていないことだが、日本国債の94.3%は金融機関や個人投資家など国内勢が保有しており、海外の保有比率は僅か5.7%に過ぎない。
その点、国内保有比率が低い欧米各国とは事情が違うといえる。
従って、日本は欧米に比べて国債売り崩しのターゲットになりにくく、これが日本経済崩壊の引き金に結びつく可能性は、あまり高いとはいえない。
「本当に怖いのは世界第2の経済大国に躍り出た中国の失速です。
 国家の威信をかけた『北京オリンピック』『上海万博』が終了した今、客観的データはバブル崩壊のカントダウンを告げている。
 そこに欧州危機の追い打ちが加われば、広大な中国市場にのめり込んだ日本企業は、至るところで返り血を浴びかねません」(日中貿易関係者)

今や中国は日本の大株主
中国の消費マインドの冷え込みは確かなようだ。
10月の新車販売は5カ月ぶりにマイナスに転じ、近く発表されるであろう11月の実績にしても「かなり厳しい数字になる」と、この関係者は語る。
中国を北米市場と並ぶ主戦場と位置づけているトヨタ、日産、ホンダなどの日本勢が、その影響をモロに被るのは避けられない。


ソース:週刊実話
http://wjn.jp/article/detail/5170424/
http://wjn.jp/article/detail/7003388/

4 :名刺は切らしておりまして:2011/12/23(金) 11:57:05.30 ID:oBGcohgg
334日ぶり9800回目の崩壊www


74 :名刺は切らしておりまして:2011/12/23(金) 13:26:54.28 ID:iDoSAEUA
>>4
バブルってのはある日一斉にドカン!!と弾ける訳じゃない。
日々少しづつ弾けていく。
まあ、泡だしね。
顕在化した(実感し出した)ときにはもう手遅れ。


8 : 【関電 76.9 %】 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/12/23(金) 11:59:22.98 ID:FuU4Bfec
中国の31省・直轄市の地方政府の財政赤字は、今年9月末段階の合計で約1兆7638億元とされ、国家の財政黒字約1兆2182億ドルを大きく上回る。
地方財政全体では昨年末の時点で10兆元以上の債務残高があり‥

産経サイトからの引用


日銀・白川総裁「欧州は日本の教訓を踏まえて迅速に取り組みを」--G20

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/10/15(土) 02:26:48.17 ID:???
G20の財務相・中央銀行総裁会議に出席するためパリを訪れている日銀の白川総裁は、
記者団に対し、ヨーロッパ各国が、経営が悪化した金融機関への資本増強などに迅速に
取り組むよう求める考えを示しました。

今回のG20では、ギリシャ国債などを保有するヨーロッパの金融機関が経営悪化に
直面するなか、資本増強をどう行うかなど、金融システムの安定に向けた対応が
焦点の一つになっています。

日銀の白川総裁は、公的資金などを使った金融機関への資本増強について、
「対応が遅れると、その分、経済が停滞するので、できるだけ早く取り組むことが
必要であり、欧州の取り組みをプッシュしていきたい」と述べ、バブル崩壊後の
不良債権処理で苦しんだ日本の教訓を踏まえ、ヨーロッパ各国が資本増強など
金融システムの安定に向け迅速に取り組むよう求める考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111015/k10013278981000.html


2 :名刺は切らしておりまして:2011/10/15(土) 02:27:50.55 ID:6q0lAZjP
お前はバカの一つ覚えで
経済を促進させたことがあんのか


39 :名刺は切らしておりまして:2011/10/15(土) 03:50:40.32 ID:dcz3wsjT
>資本増強など金融システムの安定

>>2
これが馬鹿の一つ覚えというなら、まさにこれこそが馬鹿に一つだけ教えとけ
ばいい教訓ではある。

…問題は、そんなアンフェアなことが許されるかという、哲学論争である。


5 :名刺は切らしておりまして:2011/10/15(土) 02:33:22.14 ID:3WKvaqSc
伊東正義・三重野・速水の実行した高金利化及び貸出制限・基準厳格化は、金融市場の低迷とデフレスパイラルを生みました。


75 :名刺は切らしておりまして:2011/10/15(土) 08:53:34.69 ID:AMlpJtbA
>>5
そのとおり
白川さんはその時代の日銀のヘマとは関係ない

日銀が一個の個人なわけなくて、そのときどきの「経営者」によって変わる
日銀がヘマした時代の責任者はそこに挙げた連中だ

いまは流動性選好が高いので、白川さんがもし市場金利を下げようとさらなる金融緩和に踏み切っても、効果はごく短期間
その後は猛烈な揺り戻しが来て、狙った円安もインフレも消滅する



«  | HOME |  »