ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 社説
■ 更新ヘッドライン

大飯再稼働 : 政府や消費地である関西圏の対応はあまりに問題が多く、身勝手ではないか--福井新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/06/09(土) 09:50:20.54 ID:???
野田佳彦首相は記者会見し、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働(福井県おおい町)について
「国民生活を守るために再稼働すべきだというのが私の判断だ」と表明。夏場の電力確保だけでなく、
エネルギー安全保障や日本経済に不可欠と述べ、関西を支えてきた福井県やおおい町に「敬意と
感謝の念」を新たにした。

「首相が国民に向けてはっきり責任を持って言うべき」とする西川知事の厳しい注文に言葉を
尽くして応えた形だ。知事は同意に向けた障害はなくなり慎重に所定の手続きを進める。政府は
再稼働準備を急ぐだろう。

国会では首相の政治生命が懸かる社会保障と税の一体改革関連法案の修正協議が始まり、緊迫した
状況で異例の会見だ。だがこれも国の地元に対する配慮の欠如、原子力政策をめぐる政府の一貫性の
なさに起因していることを肝に銘じるべきだ。

福井県は基幹電源に位置づける原発に40年余り貢献してきたはずだが、東京電力福島第1原発
事故で政府、国民世論も「脱原発依存」に一変。地元は置き去りにされてきた。政府の姿勢を
明確にし、リーダーシップが問われる首相の「覚悟」を求めるのは当然のことであろう。

県は原発事故以来、緊急安全対策や安全基準を求め、原子力安全専門委員会で問題点を詳細に検証、
その都度、追加対策を求めてきた。県が必要とした「特別な監視体制」は、福島の事故を教訓に、
原子力災害対策特別措置法に基づく現地対策本部長に副大臣を充て、即応可能な体制を取るため
である。

こうした県の対応は、ひたすら安全確保の実効性を追求してきたものだ。ぶれることなく立地
自治体としての責任遂行に努めてきたといえる。

それに比べ政府や消費地である関西圏の対応はあまりに問題が多く、身勝手ではないか。
「安全は不十分」と政府を批判しながら、電力不足の回避へ再稼働を「容認」し、
かつ「夏場限定」を要求する関西の首長。当事者能力が疑われる言動は世論を背景にし、
結果として立地地域悪者論にすり替えている。

野田首相は4日の内閣再改造後の会見で「原発は日本の発展に必要」と強調した。同じ趣旨の
発言をしてきており、政府は「これで十分」と先を急いだ。それでもなお踏み込んだ発言を
要求する西川知事の主張は想定外だったのだろう。しかし、これまでの会見は国民に正対した
ものではない。原発に対する不信や不安感が強まり、明確なメッセージが必要だった。

知事は「長期的にはエネルギー源の多角化が検討されるが、中期的には原発は引き続き必要」と
している。政策面でどう反映されるのか、首相は「8月をめどにエネルギー政策を決める」と
しか述べなかった。

夏限定の再稼働を明確に否定した首相だが、関西圏をどう説得するのか。本県の「要望丸のみ」で
会見したものの、腰の定まらない民主党政権、言葉は丁寧だが具体性に欠ける首相の姿勢に大きな
変化は見られない。

世論調査では再稼働反対が依然50%を超えている。再稼働の同意はリスクが大きい。原発は
地元を支えてきたが、今後進むも退くもいばらの道だ。国が地元と同じ「現場感覚」を持たない
限り、地域は苦難にさらされたままである。

◎原題は『大飯再稼働 首相会見 ぶれない原子力政策必要』
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/35131.html

6 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:14:03.28 ID:dV4poxb3
いずれはゼロがいいけど、徐々にやっていけばいい
日本にはエネルギーのもとになるものがほとんどないにもかかわらず
原発反対派は、安価な代替エネルギーでも発明してから反対しろ!


14 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:31:57.78 ID:ufocnx4T
ちょっとした事故とかベントで放射能が漏れて、大飯周辺に100人くらい
でも死人が出れば、地元の意見も変わるかもしれんね。

まぁ、仮に地元の大飯だけが反対に転じても、決めるのは福井県だけど。(w

「食物連鎖の一番下の人♪」達同士の、食物連鎖の一番下から二番目の椅子
を取り合う光景が見られるかも。


大飯再稼働 : 福井県の姿勢には首をかしげたくなる。京都や滋賀の知事が安全性確保に関与を求めるのは当然だ--朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/06/09(土) 09:55:16.62 ID:???
原発政策を主題にした野田首相の記者会見は初めてだった。それが、こんな内容なのか。

関西電力の大飯原発3、4号機を再稼働させる。停電が起きれば、命の危険にさらされる人が出る。
動かさないと電気代も上がる。企業や家庭に影響が出る。空洞化も加速する。首相は脅さんばかりに
語った。

さらに原発が重要な電源であり、夏場の限定稼働では国民生活を守れないと踏み込んだ。

いったい、「脱原発依存」はどこへ行ったのか。

根幹となる中長期的な原発政策について、首相は国民に選択肢を示し、「8月をめどに決めたい」と
しただけだ。

当面、最低限の再稼働が必要と判断したとしても、中長期の方向性については揺らぎがないことを
国民に説明するのが、首相がとるべき姿勢だ。

新たな原発はつくらない。40年たった原発は廃炉にする。これまでさまざまな場面で首相や
関係閣僚が言及してきた脱原発依存への具体的な道筋には一切触れなかった。

これでは、政権の原発政策が大きく転換したと受け止められても仕方がない。

会見は、福井県の西川一誠知事に押し切られた形で設けられた。地元同意の条件として、原発の
必要性を首相が直接、国民に説明するよう求めたからだ。

背景には、原発が減ることで地元の経済や財政が回らなくなることへの危機感がある。

しかし、原発への依存度を減らしていくことは政権の大方針だったはずだ。そこに言及すると、
地元が納得しないというなら、再稼働のほうをあきらめるべきだろう。

福井県の姿勢にも、首をかしげたくなる。

昨春以降、政府に新たな安全基準を示すよう求め、足元の安全対策を見直させた意義は大きい。
これまで、さまざまな苦労を抱えながら、原発との向き合い方を模索してきた自負があることも
わかる。

だが、新たな原子力規制機関ができるまでの監視態勢に、福井県以外の周辺自治体を同列に参加
させないことを再稼働の条件にする、とまでなると、度を超している感は否めない。

京都や滋賀の知事をはじめ周辺自治体が原発の安全性確保に関与を求めるのは当然だ。

両府県や大阪府・市が求める期間限定の再稼働についても、西川知事は「スーパーの大売り出し
ではない」と切って捨て、首相も一顧だにしなかった。

野田さん、本気で原発を減らす気があるんですか。

◎原題は『首相会見―脱原発依存はどこへ』
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


11 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:07:34.80 ID:coUjdfuV
嘘つき新聞の朝日。小沢記事では、自民党鹿島建設子会社の水谷建設首脳の嘘を
一面のトップ記事、小沢に裏金を渡したと嘘デtラメ記事を載せ国民を騙した
嘘つき新聞社。水谷建設は、小沢判決前に倒産。さらに嘘つき新聞は、広告料を
毎年貰い、原発は、安全、安心と国民を騙していた。
金儲けの為なら嘘を流し続ける談合マスコミ連中。嘘つき新聞で日本マスコミ汚染は、
深刻。対抗する読売新聞も嘘つき新聞。ネット社会では、信じるのは、インターネットだけ。


17 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:12:53.28 ID:nHCm7XCt
甲子園中止、テレ朝停波。


大飯再稼働 : 福井県の姿勢には首をかしげたくなる。京都や滋賀の知事が安全性確保に関与を求めるのは当然だ--朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/06/09(土) 09:55:16.62 ID:???
原発政策を主題にした野田首相の記者会見は初めてだった。それが、こんな内容なのか。

関西電力の大飯原発3、4号機を再稼働させる。停電が起きれば、命の危険にさらされる人が出る。
動かさないと電気代も上がる。企業や家庭に影響が出る。空洞化も加速する。首相は脅さんばかりに
語った。

さらに原発が重要な電源であり、夏場の限定稼働では国民生活を守れないと踏み込んだ。

いったい、「脱原発依存」はどこへ行ったのか。

根幹となる中長期的な原発政策について、首相は国民に選択肢を示し、「8月をめどに決めたい」と
しただけだ。

当面、最低限の再稼働が必要と判断したとしても、中長期の方向性については揺らぎがないことを
国民に説明するのが、首相がとるべき姿勢だ。

新たな原発はつくらない。40年たった原発は廃炉にする。これまでさまざまな場面で首相や
関係閣僚が言及してきた脱原発依存への具体的な道筋には一切触れなかった。

これでは、政権の原発政策が大きく転換したと受け止められても仕方がない。

会見は、福井県の西川一誠知事に押し切られた形で設けられた。地元同意の条件として、原発の
必要性を首相が直接、国民に説明するよう求めたからだ。

背景には、原発が減ることで地元の経済や財政が回らなくなることへの危機感がある。

しかし、原発への依存度を減らしていくことは政権の大方針だったはずだ。そこに言及すると、
地元が納得しないというなら、再稼働のほうをあきらめるべきだろう。

福井県の姿勢にも、首をかしげたくなる。

昨春以降、政府に新たな安全基準を示すよう求め、足元の安全対策を見直させた意義は大きい。
これまで、さまざまな苦労を抱えながら、原発との向き合い方を模索してきた自負があることも
わかる。

だが、新たな原子力規制機関ができるまでの監視態勢に、福井県以外の周辺自治体を同列に参加
させないことを再稼働の条件にする、とまでなると、度を超している感は否めない。

京都や滋賀の知事をはじめ周辺自治体が原発の安全性確保に関与を求めるのは当然だ。

両府県や大阪府・市が求める期間限定の再稼働についても、西川知事は「スーパーの大売り出し
ではない」と切って捨て、首相も一顧だにしなかった。

野田さん、本気で原発を減らす気があるんですか。

◎原題は『首相会見―脱原発依存はどこへ』
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


11 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:07:34.80 ID:coUjdfuV
嘘つき新聞の朝日。小沢記事では、自民党鹿島建設子会社の水谷建設首脳の嘘を
一面のトップ記事、小沢に裏金を渡したと嘘デtラメ記事を載せ国民を騙した
嘘つき新聞社。水谷建設は、小沢判決前に倒産。さらに嘘つき新聞は、広告料を
毎年貰い、原発は、安全、安心と国民を騙していた。
金儲けの為なら嘘を流し続ける談合マスコミ連中。嘘つき新聞で日本マスコミ汚染は、
深刻。対抗する読売新聞も嘘つき新聞。ネット社会では、信じるのは、インターネットだけ。


17 :名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 10:12:53.28 ID:nHCm7XCt
甲子園中止、テレ朝停波。


ドイツの脱原発 素早い行動が生む果実--朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/05/27(日) 12:38:09.84 ID:???
ドイツが脱原発の道に回帰して、間もなく1年になる。

10年後の22年までに17基の原発をすべて閉鎖する。そんなゴールを見すえて、
産業界や社会が一斉に動き、新たな雇用やビジネスが生まれている。

政府の明確な目標と計画のもと、素早い行動で果実を手にする――。脱原発に向けて、
日本が学ぶべきことは多い。

ドイツの変化を象徴しているのは産業界の動きだ。

電力大手のエーオンとRWEは、英国の原発建設計画からの撤退を決めた。すでに
合弁会社を設立していたが、今後の建設費増や原発事業のリスクを重視した判断だ。
政府の電力自由化策に応じて、ドイツ国内の送電線部門も切り離した。

電機大手シーメンス社も、原子力事業から完全撤退した。新しい送配電システムや
蓄電の研究開発、洋上風力発電所への投資を進め、「グリーン企業」への変身を
図りつつある。そこに新たな収益源を期待しているからだろう。

注目したいのは、風力や太陽光、バイオマスなどの自然エネルギー普及による経済
効果だ。ドイツ政府の推計では、ものづくりから流通サービス業まで約38万人の
雇用が生まれた。

ビルや住宅の断熱性を向上させて、エネルギー効率の高い街をつくる取り組みも
広がっている。節電や省エネが生活に無理なくとけ込み、経済も活性化する好循環が
そこに見える。

福島第一原発の事故を受け、古い原発を中心に8基の運転が停止された。この結果、
原発の発電量は昨年、全体の10%台に下落した。逆に約20%まで増えた自然
エネルギーの比率を、20年までに35%水準に引き上げるのが政府の目標だ。

ただ、予想以上の変化の早さは混乱も生んでいる。太陽光発電の買い取り価格の
引き下げはその一例だ。

自然エネルギーによる発電を固定価格で電力会社に買い取らせる仕組みは、その普及
を支えてきた。しかし投資が過熱し、電気料金を通じて消費者の負担増を招いたため、
買い取り価格を2割以上引き下げる予定だ。

自然エネルギーを着実に広げるには、発電コストの変化をきめ細かく把握し、買い
取り価格を点検していく必要がある。今年7月から買い取り制度が本格スタートする
日本にとっても、他山の石となろう。

脱原発への確固たる目標に自然エネルギーへの支援策をうまく組みあわせて、経済や
社会の活性化につなげる。日本に必要なのはそんな発想と行動だ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html


2 :名刺は切らしておりまして:2012/05/27(日) 12:42:28.51 ID:adQGbQT9
ドイツはフランスから電力買い取ってるし、
ドイツ社の太陽光パネルも次々と破産してるんだよなあ


9 :名刺は切らしておりまして:2012/05/27(日) 12:47:10.63 ID:cUXj3y0P
まだ8基の原発は動いてるよ
日本みたいにヒステリー状態で50基の原発全部止めるバカじゃないからね


37 :名刺は切らしておりまして:2012/05/27(日) 13:05:47.71 ID:15eFRfzO
>>9

>50基の原発全部止める

へー50基も原発が動いてて、それを一気に全部止めたんだ。


ケインズ先生、日本ではあなたの理論は効果ありませんでした--WSJ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/05/25(金) 16:25:11.53 ID:???
西側諸国ではエコノミストやコメンテーターがケインズ理論に基づく
景気刺激策をもっと行うべきだと長年にわたって主張してきたが、
ここで再度、この試みが数十年間行われてきた国を検証してみるのも
悪くないだろう。

日本が先週発表した今年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値は、
政府による財政支出が寄与し、驚くほど堅調な成長を示した。ところが
22日、格付け大手フィッチ・レーティングスが日本国債を格下げしたことで、
この明るいニュースが曇ってしまった。

日出ずる国の経済は第1四半期で前期比1%の成長を示した。年率換算で4.1%だ。
この力強い数字は震災後の復興事業に対する財政支出のおかげだ。またエコカー
補助金の復活も個人消費の大きな伸びを支えた。

ではなぜ誰も喜んでいないのだろうか。誰もがこの高い成長率が続かないことを
知っているからだ。第1四半期の輸出は他と比べて明るさを見せていたものの、
欧米諸国や中国の需要は不透明だ。消費者信頼感指数が4月に下落したのは、
夏の電力不足と海外市場の低迷に対する懸念が原因であることは明白だ。

日本では、経済成長が文字通り「財政支出か、もしくは破たんか」の問題に
なったようだ。そして政府はこの両方が現実になり得ることに気づき始めている。
政府の資金は結局どこからか調達しなければならないからだ。つまり納税者だ。
政府は何十兆円もの資金をこの20年で公共事業に投じてきた。このため公的債務
はGDP比200%以上に達している。

かつて世界第2位だった経済大国は、ケインズ理論に基づく公共投資が民間主導型
の成長を実現させる一助になるとの主張への反証の役割を果たしている。日本は
長い間、できたばかりの道路をまたすぐに掘り返すといったことを繰り返してきたが、
第1四半期の数字が示すように、この国はまだ民間部門主導による成長が実現して
いない。

公営企業の民営化に再度取り組むとか、野田佳彦首相が打ち出している自由貿易
政策を進めるといった経済の活性化案を欠いた状態では、それをどう実現させて
いくのか見極めることは難しい。

日本の有権者はいずれ、このような偽りの期待を持ち続けることはできないと
決断するだろう。一方、日本以外の専門家や政策決定者らは、効果のなかった
ケインズ理論とともに歩んできた日本について、知的な誠実さをもってあらためて
考えてみる必要がある。

http://jp.wsj.com/Opinions/Columns/node_448105

3 :名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:26:27.88 ID:cKU7DQe5
人口問題をケインズ理論で解決できるの?


227 :名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:30:25.47 ID:5ns4HnsG
>>3

グロ


4 :名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:28:27.38 ID:AYfldr2U
負の社会資本が在り過ぎて


«  | HOME |  »