ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 北陸新幹線
■ 更新ヘッドライン

山形県、奥羽新幹線(福島―秋田)と羽越新幹線(富山―青森)の整備について国への要望を復活

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/06/30(土) 20:04:57.36 ID:???
 計画が凍結されている奥羽新幹線(福島―秋田)と羽越新幹線(富山―青森)の整備に
ついて、県は2006年度から途絶えていた国への要望を復活させる。東日本大震災を
受け、日本海側の交通インフラ整備の重要性が再認識されたとして、7月にも政府や関係
省庁に提案する。26日の県議会予算特別委員会で吉村美栄子知事が明らかにした。

 両新幹線は1973年、全国新幹線鉄道整備法に基づく「基本計画路線」として国が
策定したが、財政問題などから計画は進んでいない。具体的な整備段階となる「整備計画
路線」には至っておらず、その間、県内には「ミニ新幹線」の山形新幹線が開通した。

 震災後の情勢に加え、他の整備計画路線の完成にめどが立っていることなどを踏まえ、
県は隣県などと作る建設促進同盟会の活動を活性化させながら、両路線の整備計画段階へ
の格上げを目指す。

 吉村知事は「今が次のステップに進む時期。山形の発展のために長期的な視点を持って
一歩を踏み出したい」と述べた。

ソース:朝日新聞デジタル
http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001206280002
【地域経済】北海道 : 新幹線・正式決定 悲願の延伸 課題も同乗 [06/30]
【鉄道】長崎新幹線「ノーサンキュー」 在来線沿線住民、恨み節 [06/30]
など

14 :名刺は切らしておりまして:2012/06/30(土) 20:36:54.18 ID:yMG8SFpR
山形県人だが、要らない。
他所様のお金を使ってまでして、活用しきれないインフラ整備しても。
だいたい、高速道路だって無料の時しか使おうとしないで持て余してるんだから。
建設利権の口実に震災を持ち出すのは下衆の極みだ。


16 :名刺は切らしておりまして:2012/06/30(土) 20:38:19.15 ID:bjOjpupe
>>14

神田うのの弟か。


37 :名刺は切らしておりまして:2012/06/30(土) 21:18:13.05 ID:K7Ld+taM
おいおい、希望を取り下げる変わりに、早期にミニ新幹線作ったんじゃんか


長崎新幹線、諫早―長崎早期認可を 推進3団体合同総会で要望決議

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :のーみそとろとろφ ★:2011/06/13(月) 22:05:57.52 ID:???
 長崎新幹線建設期成会、県鉄道利用促進協議会、
県空港活性化推進協議会(いずれも会長・中村法道知事)は9日、
諫早市内のホテルで合同総会を開き、九州新幹線長崎ルートの諫早-長崎間を早期認可・着工し、
武雄温泉-長崎間をフル規格で一括開業することなど5項目の要望を決議した。

 坂本潤一郎・県企画振興部政策監は関西・中四国圏への市場拡大や
上海航路と新幹線網をつなぐゲートウエー機能の強化など九州新幹線長崎ルートの必要性を強調した。
井手宏・県新幹線事業対策室長は用地取得を急ぐため本年度から職員数を18人から35人に増やしたと報告。
買収予定面積約30ヘクタールのうち、5月末で約7・7ヘクタールが契約済みで、
移転が必要な家屋約300戸のうち33戸の契約が完了したと明らかにした。

 総会には県内の各自治体や議会、商工会の関係者ら約460人が出席。
中村知事はあいさつで「諫早-長崎間を早期認可、
着工し2018年春の一括開業を目指して全力で取り組んでいく」とあいさつした。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/sinkansen/2011/06/10092458.shtml

7 :名刺は切らしておりまして:2011/06/13(月) 22:17:48.07 ID:2oFWcNQP
関西や広島岡山からの観光客で賑わってる鹿児島中央駅を見てると羨ましくなるんだろ。


16 :名刺は切らしておりまして:2011/06/13(月) 23:01:07.47 ID:0ZQB5HnZ
クレクレはもう時代遅れ
そろそろ目を覚まそうぜ


敦賀以西について「小浜」「湖西」「米原」の3ルートで検討…国交省

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :きのこ記者φ ★:2010/12/16(木) 08:36:28 ID:???
国土交通省が13日に開いた整備新幹線関係道県連絡会議で、国交省側は北陸新幹線の
敦賀以西のルートについて検討する作業部会を11月に設置したことを説明した。
部会では、「小浜」、「湖西」、「米原」の3ルートを想定している。
同省幹線鉄道課によると、来年3月末をめどにそれぞれの課題を精査したいという。

作業部会は国交省と建設主体の独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」の
担当者がメンバー。小浜市を経由する「小浜ルート」、琵琶湖西岸を経由する「湖西ルート」、
滋賀県米原市につなぐ「米原ルート」の3ルートについて、ルートごとの事業費や整備の
技術的な課題を調査しているという。

前原誠司・前国交相は8月、整備新幹線問題検討会議で、北陸、北海道、九州新幹線の
未着工3区間について着工認可の具体的な条件を明らかにした。
前原氏は北陸新幹線の課題を「敦賀以西の整備のあり方」とし、「未解決の問題を先送りせず
基本的な条件が確実に満たされていることを確認した上で着工する」と方針を示した。
これを踏まえ作業部会は発足した。

北陸新幹線は2014年度末に金沢が開業予定。敦賀までのルートは公表され、
現在工事実施計画の認可申請中。それ以西は1973年に決定された整備計画で
「小浜市付近を経由する」とされているが、詳細は決まっていない。

http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000001012150001

3 :名刺は切らしておりまして:2010/12/16(木) 08:42:15 ID:O1fuDJgA
最終的には米原決定で、北陸新幹線は東京発米原行きが基本線になりそう。


9 :名刺は切らしておりまして:2010/12/16(木) 09:00:35 ID:ysiZJcns
さて、小浜民国はどう出るか?

地元ではこんな報道はデマとみなしている住民もいるけど。


「もんじゅ」認めたのに…福井県知事、金沢-敦賀間の早期着工を政府に強く要求

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :きのこ記者φ ★:2010/11/03(水) 13:54:36 ID:???
福井県などで構成する整備新幹線関係18都道府県期成同盟会は2日、
民主党や国土交通省に対し、鉄道建設・運輸施設整備支援機構の利益剰余金を
鉄道関連予算に充てるよう求める緊急提言を提出するとともに、未着工区間の早期整備を要請した。

西川知事は5月に運転再開した高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)に関連した地域振興策として、
金沢―敦賀間の早期認可を強く求めた。

西川知事や高橋はるみ北海道知事、中村法道長崎県知事ら14人が参加。
国会内で同党陳情要請対応本部の田村謙治筆頭副本部長と面談した。

西川知事は「福井駅はポイント整備が終わっており、年末までに遅れることなく決めてほしい」と述べ、
敦賀までの早期認可を要請。もんじゅの運転再開容認の際に求めた新幹線などの地域振興に触れ
「(もんじゅと同じ国家プロジェクトである)片方が動いていない」と整備が進まない状況に苦言を呈した。

この後、池口修次国交副大臣にも同様に要請。池口副大臣は「既着工区間の整備促進が一番急がれる。
(新規着工は)財源のめども立っていない。剰余金の活用もこれから協議すべき課題だ」と答えるにとどまったいう。

要請後、西川知事は記者団に「もんじゅの運転再開を認めたいきさつを頭に置いて(整備新幹線を)
進めてもらわないと困る」と強調した。

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index.php?page=article&storyid=24549&storytopic=2

2 :名刺は切らしておりまして:2010/11/03(水) 13:55:40 ID:FC3RttJ/
普天間を受け入れたらね


4 :名刺は切らしておりまして:2010/11/03(水) 13:56:33 ID:4SCrO5Qy
もんじゅ1号 敦賀行き


新潟県の負担額増を、新潟以外の3県と国で決定していた…新潟県、承諾せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :きのこ記者φ ★:2010/09/10(金) 11:05:40 ID:???
平成26年度開業予定の北陸新幹線(長野-金沢間)について、県は9日、
鉄道建設・運輸施設整備支援機構から、建設費の負担割合が増加したとの通知があり、
工事計画の無効を申し入れたと発表した。

県によると、国が県の負担割合を建設費の27・23%から27・72%に
引き上げたことを知らせる文書が7月30日、同機構から届いたという。
これに対し、県は承諾できないとする文書を8月6日に送付したが、同機構からは同月26日、
新負担割合は新潟を除く、長野、富山、石川の沿線3県と調整した結果だとする通知が返送された。

このため県は今月7日、負担割合は同機構と協議中のものであり、承諾できず、
新潟を除く3県との調整結果で新潟の負担割合を変更するのは遺憾であると再度申し入れた。

http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/niigata/100910/ngt1009100225001-n1.htm

«  | HOME |  »