ビジ速+

Sponser
ITEMs
BookMarkd
Items
プロフィール

busyness.on

Author:busyness.on
【このブログについて】
相互リンク・相互RSS随時募集中です。
苦情・意見なども受け付けます。
メールフォームよりお知らせ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
OS (27)
TOP > 経済情勢
■ 更新ヘッドライン

「上がっちゃった…」円高に怒り・嘆き--町工場や農家

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : ライトスタッフ◎φ ★
28日午前、円高が一時、1ドル=88円台に進んだ。輸入野菜などは値下がりが
見込まれるが、輸出にかかわる人たちは不安を募らせる。

28日朝9時。東京都葛飾区の機械製作所の社長(56)はパソコンを立ち上げて
円の高騰に気づいた。「上がっちゃった……」。まさか80円台までは行かないだろう
と思っていた。

ちょうど中国向けに高性能のねじを作る機械を10台、輸出する準備をしている。
ドル建てで4千万円の見積もりを出し、「あとは先方の決定で成約に結びつく段階」だ。
ただでさえ、先方からは値段を抑えてくれといわれている。

「1円高くなれば利幅が約40万円減る。従業員1人の人件費が飛ぶ額です」

藤井裕久財務相の円高容認の発言には憤りを感じる。「民主党は大衆受けするバラ色の
話をしてきたが、長期的に見て大丈夫なのか。日本経済がめちゃくちゃにならないよう、
国の財政のトップなら発言に気を付けてほしい」

一方、輸入野菜や果物は値下がりが見込まれる。大手青果卸売の東京青果(東京都
大田区)によると、豪州産のカボチャやニンジン、中国産のネギやシイタケ、南アフ
リカのグレープフルーツ、南米のキウイやブドウなどが安くなりそうだ。

ただ、国内農家にとっては円高は逆風だ。「スーパーに安い輸入品ばかり並ぶように
なると、国内農家はすぐに立ちゆかなくなる」と担当者。台湾や中国、シンガポールの
富裕層向けにようやく軌道に乗り始めた日本産の桃やリンゴなどの輸出にも影響する。

都内の青果仲卸会社の役員は「スーパーはすぐに円高還元セールをやりたがるが、
割を食うのは我々仲卸や国内農家だ」とぼやいた。

◎ソース
http://www.asahi.com/business/update/0928/TKY200909280287.html

日本の働く貧困層問題は深刻…OECDが指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : 依頼@台風0号φ ★
 経済協力開発機構(OECD)は16日、2009年の雇用見通しを発表、日本では貧困層に占める
ワーキングプア(働く貧困層)の割合が80%を超え、OECD加盟国の平均63%を大きく上回っていると
問題の深刻さを指摘した。

 OECDによると、日本では就労者が少なくとも1人いる家庭の約11%が貧困に陥っており、トルコや
メキシコ、ポーランド、米国に次いで5番目に高かった。加盟国の平均は7%。

 日本では昨年来の経済危機の影響で、パートなどの非正規労働者の数がことし7月までの12カ月間に
3・6%減少した。正社員数の落ち込みは1・1%にとどまっており、非正規労働者の苦境が浮き彫りになった。

 OECDは「日本の非正規労働者の多くは失業保険などが適用されず、失職すると著しい経済的困窮に
陥る」と指摘している。

 OECDはまた、09年6月の加盟国全体の失業率が8・3%になったと発表。経済には底入れの兆候が
あっても10年を通して失業率は上昇し続け、10%に近づくと予測した。


▽ソース:47NEWS (2009/09/16)
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091601000825.html

«  | HOME |  »